韓国人の幸福度はOECD加盟国の中で最下位水準=韓国ネット「全て大統領のおかげです」

韓国人の幸福度はOECD加盟国の中で最下位水準=韓国ネット「全て大統領のおかげです」

韓国の幸福指数が、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最下位の水準であることが分かった。写真はソウルの風景。

韓国の幸福指数が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最下位の水準であることが分かった。5月19日、韓国メディア・SBSが報じた。

記事によると、韓国開発研究院(KDI)経済情報センターは19日に「国の経済 5月号」を発行。その中で、2018〜20年における韓国の平均幸福指数は10点満点中5.85点であったことを発表した。これはOECDに加盟37カ国のうち35位で、韓国よりも指数が低いのはギリシャ(5.72点)とトルコ(4.95点)のみ。日本は5.94点で、僅差で韓国を上回ったという。

最も幸福指数が高い国は7.84点を獲得したフィンランドで、デンマーク(7.62点)、スイス(7.57点)、アイスランド(7.55点)、オランダ(7.46点)が続いた。

この幸福指数は、国連傘下機関の「持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)」が国家別に「1人当たりの国内総生産(GDP)」や「健康寿命」「社会的支援」などの要素を基に集計した数値。KDI経済情報センターは、「韓国は世界10位の経済大国であるにもかかわらず、国民の生活への満足度はOECD加盟国中最下位の水準だった」と説明したという。

記事は、「勤務環境や生活環境の面でも、否定的な数値が表れている」と伝えている。KDI経済情報センターがOECDの統計に基づいて分析した結果、19年時点での韓国の年間労働時間は1967時間で、OECD加盟国の中ではメキシコ(2137時間)に次いで長かった。また同年時点での粉じん濃度は1立方メートル当たり27.4マイクログラムとOECD加盟国中最も高く、高齢者の貧困も生活の質を低下させる原因の一つとして挙げられたという。

韓国のネットユーザーからは、「これも全て文大統領のおかげです」「今までは誰を選んでも変わらないと思っていたけど、今回は大統領一人でどれほど国を崩壊させられるかよく分かった」「不動産価格が高騰したせいでしょ」「ただでさえストレスを抱えてるのに、腐敗した政治家のニュースを聞かされて幸福指数が高くなるわけない」など、文大統領や政府への不満の声が多く寄せられている。

一方で「期待値が高すぎる上に他人と比べて剥奪感を覚えることが原因だ。もう少し心に余裕を持つべき」「社会にまん延する一位優先主義や成果主義によって引き起こされた激しい競争による疲労…生活水準は10年・20年前よりもはるかに向上しているけど、心の面は改善しない」「韓国人は向上心が高くて嫉妬心も強い。肯定するより不満の方が多いから幸福度は低くなる」など、現状を冷静に分析するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×