家も車もあるのに街に出て物乞いする夫婦―中国

家も車もあるのに街に出て物乞いする夫婦―中国

中国SNSのウェイボーで20日、「家も車もあるのに街に出てひざまずいて物乞いする夫婦」とするワードが注目されている。

中国SNSの微博(ウェイボー)で20日、「家も車もあるのに街に出てひざまずいて物乞いする夫婦」とするワードが注目されている。

中国江蘇省南京市の地元紙、現代快報によると、同省淮安市で13日、路上で物乞いをしている男女がいるのを見かけた警官が、事情を聴くため2人を派出所へ連れて行った。

安徽省から来たという2人は、警官に対し、家族内に病人が2人いて、父親の病気の治療に20万元(約340万円)以上を費やしたので生活がとても苦しく、やむなく路上で物乞いをするようになったなどと話した。

警官が、安徽省の地元の公安機関や居民委員会(居住区内の住民を管理する末端大衆自治組織)に問い合わせたところ、2人は40代の夫婦で、自宅があり、自家用車も1台所有していて生活条件は良い方だが、ずっと働いておらず、父親の病気治療に費やした額は3万元程度であることが分かり、夫婦も認めたという。

ウェイボー上では、この話題について「プロの物乞いでしょ」「結構稼げると聞いた」「体力と熟練を要する仕事」「物乞いで家と車を手に入れたのか?」「プロの物乞いの多くが別荘持ちで、特に寺などの門前にいる物乞いは、ホワイトカラーの労働者よりも高収入らしい」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×