東京五輪限定スマホからもサムスンのロゴが消される=韓国で「さすがにやり過ぎ」「ばかにしている」の声

東京五輪限定スマホからもサムスンのロゴが消される=韓国で「さすがにやり過ぎ」「ばかにしている」の声

20日、韓国・ヘラルド経済は「東京五輪エディションにサムスンのロゴがないのは日本のせい?」と題する記事を掲載した。写真はGalaxyS21。

2021年5月20日、韓国・ヘラルド経済は「東京五輪エディションにサムスンのロゴがないのは日本のせい?」と題する記事を掲載した。

記事によると、五輪公式スポンサーのサムスンは過去の五輪同様、今回も限定モデルのGalaxyS21東京五輪エディションを発売する。昨年もGalaxyS20+東京五輪エディションを発表したが、五輪の延期により販売が中止された。

今回の五輪エディションについて記事は「背面の中央にdocomoのロゴ、下部にGalaxyのロゴが入っているが、サムスンのロゴが入っていない」とし、「五輪エディションにサムスンのロゴが入らないのは極めて異例のことだ」としている。

その理由について、「日本はサムスンが苦戦する数少ない市場の1つ。日本人は韓国製品に対し排他的であるため、サムスンは日本市場だけ特別に、自社ロゴを消してGalaxyという製品名のみを入れたスマートフォンを販売している」とし、「五輪エディションも同様に、日本市場で流通されるスマートフォンであることを考慮しロゴが消された」と説明。その上で「サムスンは五輪の公式スポンサーである上、五輪エディションからサムスンのロゴが消された事例はない。今回の対応はさすがにやり過ぎではないか」と指摘している。

サムスンは1988年のソウル五輪のローカルスポンサーを務めた後、2028年まで五輪公式スポンサーとして活動する契約を結んだ。2012年のロンドン五輪と2016年のリオ五輪ではそれぞれGalaxyS3とGalaxyS7の五輪エディションを発売。2018年の平昌五輪ではGalaxy Note8の五輪エディションを選手や関係者に提供した。

これに韓国のネットユーザーからは「日本はどれだけサムスンをばかにしているのか」「サムスンは後援をやめるべき」「サムスンのメンタルは後進国レベルだ」などロゴを消したことへの批判的な声が上がっている。

一方で「今までそうしてきたのに、今回だけロゴを入れたらそっちの方がおかしい」「とりあえず偏見を持たれそうなものを排除して製品の良さを分かってもらい、最終的にはロゴ入りでも使ってもらうというのがサムスンの戦略なのだろう。全て計算してやっていることだよ」「企業がたくさん売るためにロゴを消すというのは当然のこと。騒ぐほどのことではない」と理解を示す声も。

また、今回の限定モデルについて「さすが。サムスンが作ったからデザインもかっこいい」「五輪が中止になったら超レアアイテムになるね」などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)

×