北朝鮮が日本の改憲への動きを非難「世界平和に反する行為」=韓国ネット「北朝鮮が言うとギャグみたい」

北朝鮮が日本の改憲への動きを非難「世界平和に反する行為」=韓国ネット「北朝鮮が言うとギャグみたい」

19日、韓国・聯合ニュースは、菅義偉首相が改憲を目指す意向を示した日本に対し、北朝鮮のメディアが激しく非難したと報じた。写真は北朝鮮の子どもら。

2021年5月19日、韓国・聯合ニュースは、菅義偉首相が改憲を目指す意向を示した日本に対し、北朝鮮のメディアが激しく非難したと報じた。

記事によると、北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、「歴史の教訓を忘れてはならない」という題名の論評を発表。「日本の改憲への動きは世界平和に反する行為であり、人類に対する公然たる宣戦布告」であると批判した。

論評はまた「日本は敗戦後、復讐心による再侵略の野望を一時たりとも捨てず、日本を『戦争できない国』から『戦争できる国』に変えるため、必死であがいてきた」とし、「改憲が日本を危険な再侵略国家に作り変え、この惑星に取り返せない惨禍をもたらすことは火を見るより明らかである」と主張した。

さらに「歴史は大昔から、世界の平和と安全を脅かし分別なく暴れる者にどれほど悲惨な末路が待ち受けているかをはっきりと示してきた。教訓を得られなければ、歴史は繰り返され、必ず悲劇で終わることになる」と非難したという。

記事は「今回の論評は、菅首相が5月初め(5月3日の憲法記念日)に改憲の必要性について言及した後、議論が活発化する中で出された」と報じている。

韓国のネット上では「世界平和に反する行為をしているのは自分たちだろ」「あんたたちの核問題のせいで全世界が困ってるのに、隣国が軍事武装したらダメなのか?」「北朝鮮は世界平和のために核兵器を作ったと?」「ミサイル発射で騒がせている人たちの言葉じゃないね」「言っている内容は正しいけど、北朝鮮が言うとギャグみたい」「中国や北朝鮮のような共産主義国がなければ日本も改憲すると言わなかっただろうな」など、冷ややかなコメントがあふれている。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×