離婚発表直後なのに…、チェン・スーチェン監督に新たな不倫、「吐き気がする」と怒りも

離婚発表直後なのに…、チェン・スーチェン監督に新たな不倫、「吐き気がする」と怒りも

20日、女優トン・リーヤーとの離婚を発表した俳優で映画監督のチェン・スーチェンだが、早くも女性との密会を撮った動画が登場し、ネット上ではトン・リーヤーを祝福する声がますます大きくなっている。

20日、女優トン・リーヤー([イ冬]麗[女亜])との離婚を発表した俳優で映画監督のチェン・スーチェン(陳思誠)だが、早くも女性との密会を撮った動画が登場し、ネット上ではトン・リーヤーを祝福する声がますます大きくなっている。

チェン・スーチェンは映画監督として、「唐人街探案」(僕はチャイナタウンの名探偵)から始まった人気シリーズ映画でもよく知られる。中国で今年大ヒットした3作目は「唐人街探偵 東京MISSION」のタイトルで、日本でも7月の公開が決定している。トン・リーヤーは新疆ウイグル自治区出身の女優から選りすぐった「新疆四美」の1人としても知られる人気女優。2人は共演をきっかけに2014年に結婚、16年には長男が誕生しているが、20日にそれぞれ中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通じて離婚を明らかにした。

チェン・スーチェンは17年1月、ひと晩に2人の女性とホテルの一室で過ごした不倫騒動が“ゲス不倫”と大きなニュースとなり、離婚危機が報じられた過去がある。さらに今回の離婚発表後、ネット上にはチェン・スーチェンが周囲を警戒しながら女性のいるホテルに入る姿を撮った動画が登場。発信者は「翌朝になっても出てこなかった」「これは離婚発表前に撮ったもの」と説明しており、ネットユーザーからは「吐き気がする」と怒りのコメントが集まっている。

離婚発表時にも、トン・リーヤーのウェイボーには過去の不倫騒ぎが理由で、「やっと解放された」「どうか幸せになってほしい」といった祝福のコメントがあふれていた。その後、この動画が公開されたことが引き金となり、「100万回の“おめでとう”を贈る」「ゲス男の呪縛から逃れた」とさらに喜びのコメントが数多く届けられている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)

×