客室乗務員の制服姿で踊るチアリーダーにフェミニストから批判が殺到、ネットユーザーの意見も対立_韓国

客室乗務員の制服姿で踊るチアリーダーにフェミニストから批判が殺到、ネットユーザーの意見も対立_韓国

韓国の野球チームのチアリーダーが、客室乗務員の制服姿でダンスを踊ったとして物議を醸している。画像は客室乗務員。

韓国の野球チームのチアリーダーが、客室乗務員の制服姿でダンスを踊ったとして物議を醸している。5月20日、韓国メディア・ファイナンシャルニュースが報じた。

記事によると17日、韓国の野球チーム「SSGランダース(旧名SKワイバーンズ)」と「斗山ベアーズ」は、「仁川SSGランダースフィールド」において試合を開催。その中でSSGランダースのチアリーダーが半袖のシャツにミニスカーフ、膝上丈のタイトスカートという客室乗務員風の衣装でダンスを披露した。

今回のイベントは、イーマート(SSGランダースを保有する「新世界グループ」傘下の大手スーパー)と大韓航空が業務協約を結んだことを記念して行われたといい、野球だけでなくさまざまなアトラクションを楽しんでもらうことが目的だったとのこと。しかし女性用オンラインコミュニティーではこの企画について、「性の商品化だ」「客室乗務員を性的対象化している」などの批判の声が相次いでいるという。

一方で男性用コミュニティーでは、「普段の衣装よりも露出が少ないのに」「この程度で不快に感じていたら日常生活は不可能だ」などの声が上がり、男女間で見解の違いが浮き彫りになっている。

この報道に対する韓国のネットユーザーの反応も大きく割れている。男性目線では「大韓航空のバレーチームも来て始球式を行い、それに合わせて衣装を客室乗務員風にしただけなのに、なぜ文句が出るんだ?」「チアリーダーが着ると上品な制服が性的なイメージに変わるということ?。それこそチアリーダーに対する侮辱では?」「フェミニストたちの頭の中は被害者意識しかないんだな」「どうでもいいことで騒ぎすぎ」など、「過剰な反応」とする立場のコメントが多い。

しかし女性目線では、「客室乗務員や看護師のような特定の職業を性的対象化することが、どれほどその職業に就く人を侮辱する行為か分からないんだね」「露出の有無ではなく、他人の職業の制服をコスプレ化して踊ったということが問題なんだけど」「客室乗務員はセクシーダンスを踊らない。あえて実際に存在する職業の制服を着せる必要が?」「看護師や客室乗務員に対するセクハラがまん延する社会でこういう衣装を着せるのは、これらの職業を『男性を喜ばせる存在』におとしめる行為」など、厳しい意見が寄せられている。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×