東京五輪の公式サイトに竹島、韓国人教授がIOCに訂正を要求=韓国ネット「今すぐ不参加を表明しよう」

東京五輪の公式サイトに竹島、韓国人教授がIOCに訂正を要求=韓国ネット「今すぐ不参加を表明しよう」

五輪HPに竹島 韓教授が指摘

東京五輪の公式サイトに竹島、韓国人教授がIOCに訂正を要求=韓国ネット「今すぐ不参加を表明しよう」

韓国の徐ギョン徳教授が、東京五輪の公式ウェブサイトに竹島が日本の領土として表記されているとして、IOCなどに訂正を要求するメールを送った。画像は問題となった地図。

誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が、東京五輪の公式ウェブサイトに竹島が日本の領土として表記されているとして、国際オリンピック委員会(IOC)などに訂正を要求するメールを送った。5月21日、韓国・中央日報が報じた。

記事によると、徐教授は21日、自身のSNSに本件に関する文章を投稿し、「以前、東京五輪の公式ウェブサイトで聖火リレーのコースを紹介するページの日本地図に、島根県の上に小さな点が描かれ独島(竹島の韓国名)が日本の領土であるかのように表記されていたことが問題となった」と説明。そして「韓国政府や民間人が粘り強く抗議した結果、地図のデザインが変わり、肉眼で見ると独島が消えたかのような措置が取られた。しかし地図を拡大すると、やはり日本の領土として表記されているという、姑息(こそく)な手段が使われた」と主張した。

徐教授は「IOCのトーマス・バッハ会長と韓国以外のIOC加盟国205カ国・地域に、誤った表記を訂正すべきだというメールを送った」とし、「東京五輪を通じて独島を自国の領土と宣伝しようとする日本の間違った行為をIOC加盟国に知らせ、日本側の迅速な対応を引き出すことが目的」と発言。

また「公式ウェブサイトの表記は何としても訂正する必要がある。そうでなければ日本は今回の件を口実に、今後も強引な主張を続けるのは明らか」とし、「平昌冬季五輪においても日本が『統一旗』(朝鮮半島が描かれた旗)に独島が描かれていることを抗議し、われわれはIOCの勧告に基づいて独島を削除した旗を掲げることになった。今回もまた日本に不意打ちを食らわされた形だ」と語ったという。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは、「どうせ東京五輪は取り消しになるんだから、今すぐ不参加を表明して抗議しよう」「統一旗から独島を削除しただなんて、誰がそんなおかしな決定を下したんだ?むしろ冬季五輪を開催しないと主張すべきだった」「日本には騙されてばかりだな。これは教授ではなく政府のすべき仕事だ」「沈黙している政府が情けない」「国民が一丸となって怒りを示すべき。一瞬の油断がわれわれの未来を暗いものにするということを忘れてはいけない」「『日本地図から独島を削除しないと韓国は参加しない』という記事を流せば日本も動揺するのでは?」など、不満や反発の声が多く寄せられている。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×