米韓の電気自動車バッテリー同盟に日本が緊張?=韓国ネット「もはや日本は韓国より後進国」

米韓の電気自動車バッテリー同盟に日本が緊張?=韓国ネット「もはや日本は韓国より後進国」

21日、韓国・イーデイリーは「韓国と米国の電気自動車バッテリー同盟に日本が緊張している」と伝えた。写真は電気自動車。

2021年5月21日、韓国・イーデイリーは「韓国と米国の電気自動車(EV)バッテリー同盟に日本が緊張している」と伝えた。

記事は、日本経済新聞が「車載用バッテリーで米韓の提携が拡大している」「電気自動車の基幹部品である電池で韓国(企業)の存在感が大きくなれば、日本は供給網(サプライチェーン)から外れる可能性がある」と報じたことを紹介。「米ゼネラル・モーターズ(GM)に続き、米フォード・モーターも韓国企業と手を結んだことに対する危機感だとみられる」と伝えている。

GMは2019年にLGエナジーソリューションと合弁法人を設立している。フォードは先ごろ、SKイノベーションとの合弁法人設立計画を発表した。記事は「日経新聞は『米国の自動車2強のEVへの転換を、韓国企業が支える構図だ』と評価している」とも伝えている。こうした状況について「米中の対立が激しくなっている状況が韓国に有利に作用している」と分析される他、「韓国企業の躍進は、かつて米テスラとの契約で日本に先手を奪われたことに対する雪辱だという見方もある」としている。

一方、日本企業については苦戦が続いているとし、「基幹部品であるバッテリーで中国と韓国に押されれば、日本企業はこれまでの取引を失うかもしれない」と警告している。ただ、「日本が韓国とのバッテリー協力に乗り出す可能性もある」とも記事は伝えており、茂木敏充外相が同紙とのインタビューで、半導体供給網の再構築について韓国との協力を検討するかとの質問を受け、「多元的な供給網の構築において、関係国と官民で提携し対処していきたい」と答えたと紹介している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「日本はなんとずうずうしいのか。2年前に半導体経済攻撃をしてきたというのに、今度は協力だと?」「忘れてはいけない。日本は潜在的な敵国だ」「日本は過ちを反省しない国」「韓国がなぜ日本と提携しなきゃならないんだ?」「韓国の1人当たりの消費能力は既に日本を超えた。もはや韓国より後進国だということを認めるべき」「もう日本は韓国に勝てない」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

関連記事(外部サイト)

×