【CRI時評】真実のチベットが西側の反中勢力のうそを打ち砕く

【CRI時評】真実のチベットが西側の反中勢力のうそを打ち砕く

中国政府が21日に発表した「チベットの平和解放と繁栄発展白書」は、チベットの平和解放70年来の発展の成果を全面的に示した。写真はチベットの中心地ラサのポタラ宮。

中国政府が21日に発表した「チベットの平和解放と繁栄発展白書」(以下、白書と略)は、チベットの平和解放70年来の発展の成果を全面的に示した。白書の中の詳細な史料とデータは、西側の反中勢力がチベット問題ででっち上げたさまざまな「人権」をめぐるうそを打ち砕き、立体的な真実のチベットを世界に見せた。

昔からチベットは中国から切り離すことのない一部だ。だが近代以降、チベットは西側諸国の侵略と蹂躙を受けており、底辺の民衆の人権は全く語られなかった。1951年5月23日、チベットは平和解放を宣言し、それ以来明るい発展の道を歩んだ。

データは最良の鏡だ。1951年のチベット自治区の域内総生産(GDP)はわずか1億2900万元だったが、2020年には1900億元を突破した。2020年、チベットの都市部・農村部住民の一人当たりの可処分所得は2010年の2倍となった。農村部住民の一人当たりの可処分所得は18年連続で二桁の伸びをキープし、伸び率は全国1位だった。チベット自治区の平均寿命も1951年には35.5歳だったのが、2019年には71.1歳に伸びた。

これと同時に、チベットの優れた伝統文化と宗教信仰の自由は十分に確保され、発展している。チベット文字は国際基準を持ち、グローバルな情報スーパーハイウェイのライセンスを取得した初の中国の少数民族文字だ。現在、チベットにはチベット仏教の宗教活動場所が1700余カ所あり、僧侶と尼僧は約4万6000人いる。

国民の幸福は最大の人権だ。白書によると、平和解放前、チベットの90%以上の人々は自分の住宅を持っておらず、衣食が保証されていなかった。2020年、チベットの農民・牧畜民の一人当たりの住宅面積は41.46平方メートル、都市部住民の一人当たりの住宅面積は33.4平方メートルに達し、幸福指数は大幅に上昇した。

このような現実を前にして、西側の反中勢力はチベットの人権状況を指摘する気持ちがわくだろうか。チベット問題は実は、民族問題や宗教問題ではなく、人権問題でもなく、中国の主権と領土保全にかかわる重要な原則問題なのだ。長い間、西側の反中勢力はたえずチベット事務に干渉し、チベット社会の安定を破壊しようとしてきたが、その目的は「チベット問題」を中国封じ込めのカードにしようとすることであり、いわゆる人権、宗教は彼らの看板にすぎない。

今日のチベットは目覚ましく進歩しており、どんな反中勢力も災いを起こすことができなくなっている。彼らが人権を旗印に実施した「チベットで中国を封じ込める」企ては必ずや失敗するだろう。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)

×