習主席 世界健康サミットでオンライン演説

20カ国・地域(G20)を中心に新型コロナウイルス対策の国際協力について議論する「世界健康サミット」が21日に行われました。習近平国家主席は北京からオンライン形式で出席し、重要な演説を行いました。

習主席は、「感染症対策は国民のためであり、国民に頼らなければならない。国民の生命の安全と身体の健康を重要な位置付けにしながら、大きな政治的責任感と勇気を持ち、特別な時期に特別なやり方で対応し、一人一人の生命の価値と尊厳を尊重しなければならない」と指摘しました。

また、感染症対策においては「科学の精神を生かし、科学の態度に則って、科学のルールを遵守しなければならない」と述べ、薬物と非薬物の関与措置を統合しながら、感染症対策の常態化と応急処置を徹底させ、感染症対策と経済社会の発展をバランスよく総括することを強調しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)

×