キッシンジャー氏「中国との対抗は勝者のない衝突を引き起こす」―中国メディア

キッシンジャー氏「中国との対抗は勝者のない衝突を引き起こす」―中国メディア

環球網によると、キッシンジャー元米国務長官はこのほど、独紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングのインタビューで、「中国との対抗は勝者のない衝突を引き起こすだろう」との考えを示した。

中国のニュースサイトの環球網によると、キッシンジャー元米国務長官はこのほど、独紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングのインタビューで、「中国との対抗は勝者のない衝突を引き起こすだろう」との考えを示した。

キッシンジャー氏は、米国と中国の間で冷戦が迫っているかとの質問に対し、両国間の緊張はトランプ前大統領時代の最後の数カ月間で急激に高まったとした。

その上で、バイデン政権は、中国との対抗が米中両国にとっても世界にとっても利益になることはないと認識しているとし、「中国との対抗は、第1次世界大戦のように、勝者のない衝突を引き起こすだろう。そして衝突は双方の疲弊で終わることになる」とした。

また、「米国の人々は、中国を永遠の敵と見なし、米国で起こっているすべての悪いことは、中国の希望に従って起こったものだと疑っている」とし、「これが米国の深刻な国内問題の一つだ」とも指摘した。

キッシンジャー氏は昨年11月にも、ブルームバーグ・ニュー・エコノミー・フォーラムでのインタビューで、米中の意思疎通を修復することがバイデン次期政権にとって急務になるとし、「何らかの協力的行動の基盤を見いださない限り、世界は第1次世界大戦並みの惨事へ転がり落ちかねない」と警告している。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×