韓国で話題の「クリルオイル」に品質問題、中国ネットが反応

韓国で話題の「クリルオイル」に品質問題、中国ネットが反応

「韓国で話題の『クリルオイル』に品質問題が見つかった」とのニュースが中国版ツイッター・微博で伝えられ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はソウル。

「韓国で話題の『クリルオイル』に品質問題が見つかった」とのニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

中国中央テレビ(CCTV)のニュースサイト・央視網は23日、「コロナ禍で健康への関心が高まるのに伴いクリルオイルが韓国で好調な売れ行きを呈しているが、それと同時にさまざまな問題がたびたび明らかに。消費者の懸念を引き起こしている」と指摘し、韓国の食品医薬品安全処が最近公表した検査結果で一部商品に「純度が宣伝と一致していない」などの問題があることが分かったと伝えた。

記事によると、食品医薬品安全処が「純度100%」と表示されている市場で人気の26種類について検査を実施したところ、4種類に大豆油などの混入が確認された。クリルオイルの含有量は70%前後で、うち2種類は中国のECプラットフォームで販売されているという。

央視網は「韓国消費者院は関連する企業に問題商品の交換を要求した他、処分を予定している」とも伝えており、このニュースに中国のネットユーザーからは「食品安全の問題。重い罰を!」「70%なら良心的だと思う」「われわれの地溝油(社会問題となった下水から作る食用油)の方がより健康に悪いのではないだろうか」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)

×