中国ステルス爆撃機H-20の「設計図」が雑誌に登場し物議、一体どういうこと?―中国メディア

中国ステルス爆撃機H-20の「設計図」が雑誌に登場し物議、一体どういうこと?―中国メディア

25日、環球時報は、中国で開発中の新型爆撃機H-20について香港や台湾のメディアが「軍事雑誌に設計図を掲載した」と報じた内容が誤りであるとする記事を掲載した。

2021年5月25日、環球時報は、中国で開発中の新型爆撃機H-20について香港や台湾のメディアが「軍事雑誌に設計図を掲載した」と報じた内容が誤りであるとする記事を掲載した。

記事によると、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト電子版が25日、中国本土の軍事雑誌「現代兵器」の最新号で、H-20の設計図4枚が公開されたと報じた。4枚の設計図からは爆弾倉、角度可変尾翼、レーダー、ステルスインテークダクトなどが確認できるという。

同紙の報道ではH-20のスペックについても言及されており、最大離陸重量200トン、有効荷重45トンで亜音速飛行、極超音速ステルス巡航ミサイル4発の発射がそれぞれ可能だと報じられた。また、台湾メディアの中国時報も「中国本土当局がH-20を初めて公開した」と題してこの件を報じた。

記事は、中国本土外のメディアがH-20の設計図として報じた「現代兵器」の図は、軍事愛好者が「新型爆撃機の想像図」として自ら描いたものであることが判明したと伝えるとともに、H-20のスペックについても「専門家が自分で想像したものに過ぎない」と指摘した。

記事は、「現代兵器」が中国本土の有名な軍需工業グループによる国防技術系雑誌ではあるものの、その性質は「軍事科学知識普及系雑誌」であると説明。「慣例に照らせば、中国当局が軍事技術系雑誌を通じて重大な型番の軍備に関する重要な情報を初公開することはあり得ない」と論じている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

×