韓国の優秀な通常戦力が北朝鮮の非核化を遅らせる=報告書に韓国ネット反発「日中露に挟まれた国の宿命」

韓国の優秀な通常戦力が北朝鮮の非核化を遅らせる=報告書に韓国ネット反発「日中露に挟まれた国の宿命」

26日、韓国・ニューシスは「韓国軍の優秀な通常戦力が朝鮮の非核化を遅らせる恐れがある」という憂慮が出ていると伝えた。写真は韓国国防部Facebookより。

2021年5月26日、韓国・ニューシスは「韓国軍の優秀な通常戦力が朝鮮の非核化を遅らせる恐れがある」という憂慮が出ていると伝えた。

記事によると、国家安保戦略研究院のキム・ボミ副研究委員はこの日、報告書「北朝鮮における韓国の通常戦力増強に対する批判」で上記のように指摘した。キム委員は「北朝鮮に対し、国防力を強化しつつ北朝鮮と協力するという矛盾した行動をとっているという印象を与え、北朝鮮と米国の間で韓国政府の中間者的役割の遂行に困難が生じるかもしれない」と警告したという。

また「北朝鮮が核兵器を中心に抑止力を維持しているとはいえ、核兵器が通常戦力に対抗して常時使用可能な兵器ではないという点はよく知っているはず」としたうえで、「このような状況下で韓国が通常戦力を先制的に使えるという点を示唆することは、通常戦力で劣勢にある北朝鮮が核の先制使用の必要性を強化するきっかけを提供し得る」と分析。

さらに「北朝鮮は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米の成果と夏の米韓合同軍事演習を見て、これを土台に米韓に対する対応レベルを具体化するものと予想される。韓国政府はこの機会を生かして、北朝鮮に対し『韓国の軍事対応は朝鮮半島の平和に先立つことはできない』という意思を明確に表明する必要がある」と述べたという。

そして「さらなる実質的軍縮のための第一歩」として、「南北軍事共同委員会の稼動が急がれる」と主張したという。

これを受け、韓国のネット上では「北朝鮮が核兵器を持ってるから、韓国がまず軍事力を放棄しろってこと?」「そもそも北朝鮮が非核化なんてすると思う?非核化した瞬間、北朝鮮政権は倒れたも同じ」など反発の声が上がっており、「歴史を振り返ってみて。軍事力がなかったせいでどれだけ侵略されてきたことか」「軍事力は北朝鮮のためだけにあるわけじゃない。日本や中国、ロシアに挟まれて暮らす韓国の宿命」との意見も。

一部からは「これこそ文在寅大統領式分析」「もしかして、文大統領に頼まれた?」「北政権を100%信頼したと仮定すれば、軍縮も可能。だけど北朝鮮を信じるの?」という皮肉交じりのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)

×