中国人男性「イランでは50ドルで買春できる」、大使館が警告か―米華字メディア

中国人男性「イランでは50ドルで買春できる」、大使館が警告か―米華字メディア

30日、米華字メディア・多維新聞は、イラン在住の中国人男性が「50ドルあれば若い女と性的関係が持てる」などと発言する動画を公開し、騒動を引き起こしたと報じた。写真はイラン。

2021年5月30日、米華字メディア・多維新聞は、イラン在住の中国人男性が「50ドルあれば若い女と性的関係が持てる」などと発言する動画を公開し、騒動を引き起こしたと報じた。

記事は、イランの英字メディアイラン・インターナショナルの29日付報道を引用し、イラン在住の中国人男性がネット上に「50ドルあればイランではやりたいことが何でもできる。現地の若い女性と性的関係を持つことを含めてだ」といった内容の動画を公開したと紹介。そして、動画が拡散した後に、この男性が謝罪動画を掲載し、問題の動画をすでに削除したことを明らかにしたとするとともに、現地警察がすでに捜査に乗り出したと伝えた。

その上で、イランにある中国大使館が29日に声明を発表し「近ごろ、ある中国人がイランを旅行中に現地の公序良俗に反する行為をした上、SNS上でひけらかして悪い影響を生んだ」とし、外国旅行の際は現地の法律や風習、礼儀を守り、モラルある言動を心掛けるよう改めて呼び掛けたと紹介している。

一方で、同大使館の声明はこの中国人による「公序良俗に反する行為」が具体的にどんなものであったかについて触れておらず、声明と男性の書き込みとの関連性は不明であるとした。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

×