五輪ゴルフ日本代表のユニフォームが旭日旗を連想と物議=韓国ネット「不参加を」「いい加減にして」

【東京五輪】ゴルフ競技の日本代表ユニフォーム「旭日旗を連想」と韓国で報じられ物議

記事まとめ

  • 東京五輪のゴルフ競技に出場する日本代表のユニフォームが韓国で物議を醸している
  • しま模様を含むデザインについて「日本軍が使用した旭日旗を連想させる」と報じられた
  • 韓国のネットユーザーからは、反発の声と「過剰反応だ」とする意見も寄せられている

五輪ゴルフ日本代表のユニフォームが旭日旗を連想と物議=韓国ネット「不参加を」「いい加減にして」

五輪ゴルフ日本代表のユニフォームが旭日旗を連想と物議=韓国ネット「不参加を」「いい加減にして」

東京五輪ゴルフ競技に出場する日本代表のユニフォームが、旭日旗を連想させるとして韓国で物議を醸している。写真はゴルフ。

東京五輪ゴルフ競技に出場する日本代表のユニフォームが旭日旗を連想させるとして、韓国で物議を醸している。6月1日、韓国・聯合ニュースが報じた。

日本ゴルフ協会は31日、東京五輪日本代表のユニフォーム記者発表会を開催。「Rising to the Challenge」をデザインコンセプトに、日の丸や海や桜などの日本の自然をイメージしたとするユニフォーム数種類を公開した。

記事は、このうち赤やピンクを基調にし、斜め45度方向に上がるしま模様を含むデザインが、「第2次世界大戦中に日本軍が使用した旭日旗を連想させる」と報道。服部道子コーチによる「斜めのストライプを基本にすることで、太陽が昇るイメージを担っている」とのコメントも紹介した。

また、記事は旭日旗について、「明治時代初期に軍旗に定められて以降、日本が太平洋戦争で敗戦するまで使用した」「日本軍が敵を制圧して敵の陣地に入る際に掲げたり、最前線で占領した証しとして用いていたため、日本の帝国主義に苦しめられた国々は旭日旗を軍国主義の象徴と認識している」と説明している。

さらに、「日本政府は『旭日旗は日本で大漁・出産・祝日などを祝う際に用いられるとし、政治的主張や軍国主義を象徴するという指摘はそぐわない』と主張しているが、自衛隊の旗にも使用されており、革新系とされる朝日新聞社の社旗も旭日旗に由来するデザインを含んでいる」と指摘している。

韓国のネットユーザーからは、「戦犯国の日本はまた侵略を企んでる。日本が独島を侵略するなら、2倍、3倍でやり返さないと」「北朝鮮のようにはっきりと不参加を表明すべき。優しいふりをして振り回されないで」「どうせ行かないんだから気にしなくていい」「東京五輪は開催中止にするのが正解」など、反発の声が多く寄せられている。

一方で、「これを旭日旗というのは極端では?」「赤い色さえ見ると旭日旗だと騒ぐ。いい加減にしてほしい」「赤いストライプを見るとパブロフの犬のように反応するね」など、過剰反応だとする意見も見られた。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×