500万円のロレックスを買ったら11年前の売れ残り品だった…「客には製造年を知る権利ない」―中国

500万円のロレックスを買ったら11年前の売れ残り品だった…「客には製造年を知る権利ない」―中国

31日、中国メディアの?枝新聞によると、江蘇省で女性が30万元(約510万円)を支払って購入したロレックスの腕時計が11年前に発売された在庫品だったことを知り、返品を求めている。資料写真。

2021年5月31日、中国メディアの?枝新聞によると、江蘇省で女性が30万元(約510万円)を支払って購入したロレックスの腕時計が11年前に発売された在庫品だったことを知り、返品を求めている。

記事によると、女性が昨年、同省南京市のショッピングセンターにあるロレックス製品売り場でおよそ30万元を支払ってロレックスの腕時計を購入したところ、使い始めてから1カ月ほどで30分近い誤差が出るようになったことに気づいた。複数の専門機関で鑑定してもらった結果、購入した腕時計が2009年に発売された在庫品であったことが判明した。

女性が時計の返品を求めたところ、ロレックス側は「腕時計の生産時期について、客が知る権利はない」として応じず、現在ショッピングセンターがロレックス側と協議を行っていることを明らかにしたという。

この件について、中国のネットユーザーは「大枚をはたいて購入した腕時計なのに、生産時期を知る権利がないとは。物を売るなら何でもアリなのか」「監督管理当局の出番だな」「これはひどすぎる。5元(約85円)で買ったパンですら、製造日を知る必要があるというのに」「知る権利って、消費者の基本的な権利なんだけどなあ」「生産時期を知る権利がないなんて、一体誰が定めたルールなんだよ」「これは直接警察に通報したほうがいいのでは?」といった感想を残している。

また、「最大のポイントは、時計が狂ってるってことだよ」「そもそも正確に時を刻まない時点で、30万元だろうが30元(約510円)だろうが大問題」「5元で買ったデジタル腕時計だって、1カ月で5分もずれないよ!」など、価格や製造時期以前に時計としての役割を果たしていない状況こそ、トラブルの大きな問題点であるとの認識を示すユーザーも多く見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

×