鉄鉱石の90%が中国へ、インドが短期的な輸出禁止も―米華字メディア

鉄鉱石の90%が中国へ、インドが短期的な輸出禁止も―米華字メディア

2日、米華字メディア・多維新聞は、中国への鉄鋼石輸出が急増しているインドで、業界から短期的な禁輸措置を求める声が出ていると報じた。資料写真。

2021年6月2日、米華字メディア・多維新聞は、中国への鉄鋼石輸出が急増しているインドで、業界から短期的な禁輸措置を求める声が出ていると報じた。

記事は、今年1〜4月に中国がインドから輸入した鉄鉱石は2028万トンに上り、昨年の同時期より66%も増えたと紹介。この時期におけるインドの鉄鉱石総輸出量は2242万トンで、中国向け輸出が90%近くを占めていると伝えた。

また、インド産鉄鉱石の対中輸出が急増していることでインド国内の鉄鉱石供給不足が激化しており、昨年から今年にかけて新型コロナウイルス感染拡大の影響により鉄鉱石生産量が大きく減少したのに対し、輸出量は逆に大きく増えてしまっているとした。

そして、この状況に対してインドの多くの製鉄業者から不満の声が出ており、政府が短期的な禁輸措置を取ることへの期待が高まっていると紹介。一方で、インド政府は現時点でなんの行動も取っていないと伝えている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

×