韓国人教授、今度は日本の聖火リレーを見て怒り=韓国ネット「政府は五輪ボイコットを!」

韓国人教授、今度は日本の聖火リレーを見て怒り=韓国ネット「政府は五輪ボイコットを!」

2日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の広報活動をする誠信女子大学の徐敬徳教授が「日本が竹島領有権を主張するために小細工をしている」と主張した。写真は竹島。

2021年6月2日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の広報活動をする誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が「東京五輪の聖火リレーのコースに島根県隠岐諸島を入れるなど、日本が竹島領有権を主張するために小細工をしている」と主張した。

記事によると、徐教授は東京五輪の公式ウェブページ上に掲載された聖火リレーの映像を見て、先月16日に聖火ランナーが隠岐諸島と島根県庁の竹島資料室の前を通った事実を確認した。

徐教授は「島全体が独島(竹島の韓国名)歪曲(わいきょく)展示場と言われる隠岐諸島と、毎年『竹島の日』行事が行われる竹島資料室が聖火リレーのコースに含まれたのは、独島を日本のものにしようという欲望の表れ」と主張したという。

徐教授は最近、東京五輪の公式ウェブページ上の地図に竹島が表記されていることについて、組織委員会の橋本聖子会長に抗議のメールを送っていた。

記事は「韓国政府が19年7月に独島が日本領であるかのように表記されていることについて是正要求をした際、削除せずに肉眼では確認が難しいほどの大きさの点で表記するなど、東京五輪組織委員会は“耳を掩(おお)いて鐘を盗む(自分では悪事を隠したつもりでも、実際はみんなに知れ渡っているたとえ)”式の対応を続けている」と伝えている。

これに韓国のネットユーザーからは「政府は五輪をボイコットするべきだ。これ以上、国民に恥をかかせないでくれ」「独島問題に関してだけは強硬な対応を見せてほしい」「もどかしい。政府は守ってばかりいないで、対馬を韓国の地図に入れるなど攻撃に出るべき」など、韓国政府に積極的な対応を求める声が上がっている。

また「韓国はなぜ平昌五輪で独島を削除したのか。自ら独島を放棄した形になってしまった」と嘆く声も。

その他「それなら韓国は仕返しとして、五輪では韓国の旗ではなく独島入りの南北統一旗を振ろう」「この問題はBTSに協力してもらうしかない」「BTSの独島公演を計画するべきだ」などと提案する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)

×