隔離中の韓国陸軍兵士がまた粗末な食事を暴露=韓国ネット「コンビニ弁当でいい」「刑務所のほうがまし」

隔離中の韓国陸軍兵士がまた粗末な食事を暴露=韓国ネット「コンビニ弁当でいい」「刑務所のほうがまし」

韓国軍の粗末な食事が問題視される中、陸軍9師団に所属する兵士が新たな写真を公開した。写真は実際の弁当。

韓国軍の粗末な食事が問題視される中、陸軍9師団に所属する兵士が新たな写真を公開した。6月2日、韓国メディア・JTBCが報じた。

報道によると2日、Facebookの「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」というページに、「9師団の隔離兵士」と名乗る人物が写真を投稿した。写真には透明のビニール袋に入れられた魚の煮物が写っており、その量は投稿者の手のひらの大きさと同じくらいである。投稿には「昨夜出された魚で、これを3人で分けて食べろと言われた。白米と合わせてスプーン3口で終わった」とのコメントも添えられた。

また投稿者は「白米と魚、イカ炒め、キムチ、チゲが出た。いつも白米やキムチだけは多めにくれるが、メインのおかずは量が少ない」と主張。白米とキムチ、少量の豚肉炒めが入っているだけの、前回の隔離時に提供された弁当の写真も追加で投稿した。

この報道に対し韓国のネットユーザーからは、「コンビニの弁当のほうがずっといい」「刑務所のほうがましな食事が出る」「なぜ何度も同じような問題が起きるんだ?弁当を買って出せばいいだけなのに」「国防部は予算について語る前に、給食費を着服した人間から捕まえるべき。もしくは国会議員に交代で兵士と同じ食事を食べさせるか…」「徴兵制自体は国を守るために仕方ないにしろ、食事くらいちゃんと食べさせてあげて」「普段からこの状態なら、戦争が起きたら兵士はみんな飢え死にするな」など、怒りのコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×