豪雨で水浸し、何事もなかったように宴会を続ける人々―中国

豪雨で水浸し、何事もなかったように宴会を続ける人々―中国

豪雨に見舞われた広西チワン族自治区来賓市の民家で宴会が開かれ、客は水浸しの中で着席し、落ち着いて食事していた。

2021年6月2日、星視頻の微博(ウェイボー)アカウントは、豪雨に見舞われた広西チワン族自治区来賓市の民家で宴会が開かれ、水浸しの中でも客が着席し落ち着いて食事する様子を撮影した動画をアップした。

動画は1日に撮影されたもので、客が座る椅子は水に浸り、座面の部分だけが水から出ている状態だったが、客は何事もなかったかのように過ごしていた。

次々と客が来て食べては去っていく宴会方法を中国語で「流水席」というが、動画を見た中国のネットユーザーからは、「これぞ本物の流水席だ」と面白がる書き込みがあった。また、「出したお金の分は食べないとね」「民以食為天(民は食をもって天となす)」などさまざまなコメントが寄せられた。(翻訳・編集/多部)

関連記事(外部サイト)

×