【画像】ロンドン五輪で「竹島は韓国領」の紙を掲げた韓国選手がIOCを批判「自分は罪人扱い、日本には寛容」

ロンドン五輪で「竹島は韓国領」の紙を掲げた韓国選手がIOCを批判「自分は罪人扱い、日本には寛容」

3日、韓国・国民日報によると、12年のロンドン五輪で「独島セレモニー」をして物議を醸した韓国のサッカー選手・朴種佑が「国際オリンピック委員会は公正さに欠ける」と批判した。写真はロンドン・スタジアム。

この写真の記事を読む

×