台湾アイドルドラマの視聴率ランキング、「ハートに命中!100%」が長年不動の1位に

台湾アイドルドラマの視聴率ランキング、「ハートに命中!100%」が長年不動の1位に

これまでに放送された台湾発のアイドルドラマについて、作品の視聴率ランキングが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に登場し、話題を集めている。

これまでに放送された台湾発のアイドルドラマについて、作品の視聴率ランキングが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に登場し、話題を集めている。

ランキング1位となったのは、2008年に放送された「ハートに命中!100%」。ジョー・チェン(陳喬恩)、イーサン・ルアン(阮經天)主演の笑って泣けるラブコメ作品で、平均視聴率7.44%、最高視聴率は13.64%となり、歴代の台湾ドラマで最高の数字をマークし、この記録は現在も更新されていない。同作は韓国や日本でもリメークされ、最新作は中国でのリメーク版「運命100%の恋」が昨年配信されている。

2位は2作品が並び、09年放送の「秋のコンチェルト」、05年の「カエルになった王子様」だった。アン・アン(安以軒)とヴァネス・ウー(呉建豪)が主演の「秋のコンチェルト」は、平均視聴率が5.80%、最高視聴率が9.50%に。ジョー・チェンとミンダオ(明道)が主演した「カエルになった王子様」は平均視聴率は同じく5.80%だが、最高視聴率が8.52%とやや低くなっている。

3位はアラサー女性と年下男性の恋を描く09年放送の「敗犬女王」で、イーサン・ルアンとシェリル・ヤン(楊謹華)が主演。平均視聴率が5.69%、最高視聴率が7.84%だった。

4位は06年放送の「微笑パスタ」で平均視聴率は5.16%、5位は11年放送の「進め!キラメキ女子」で同5.12%となった。

6位から10位までには、「ラヴスタイリスト」(06年)、「最後はキミを好きになる!」(11年)、「福気又安康 」(09年)、「花ざかりの君たちへ〜花樣少年少女〜」(06年)、「ホントの恋の見つけかた」(07年)が続いている。

なお中国でも大人気となり、アイドルユニットのF4を生み出したのが01年放送の「流星花園 〜花より男子〜」で、18年には中国で「流星花園 2018」としてリメークされている。社会現象化するヒットとなった同作だが、このランキングでは04年以前の作品について、視聴率統計のベースラインが違うため対象外とされている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)

×