「新型コロナで死亡」の女性が帰宅、家族「私たちが火葬したのは誰?」―インド

「新型コロナで死亡」の女性が帰宅、家族「私たちが火葬したのは誰?」―インド

インドでこのほど、新型コロナウイルスに感染した60代の女性が、病院での隔離治療を経て回復し、退院して帰宅したところ、自分の火葬と告別式がすでに行われていたということがあったという。写真はインド。

中国のニュースサイトの観察者網によると、インドでこのほど、新型コロナウイルスに感染した60代の女性が、病院での隔離治療を経て回復し、退院して帰宅したところ、自分の火葬と告別式がすでに行われていたということがあったという。

Muktyala Girijammaさんとその息子のRameshさんは今年5月、新型コロナウイルスに相次いで感染し、別々の病院に入院した。

Girijammaさんが入院して3日後、Girijammaさんの家族のもとに病院からGirijammaさんが亡くなったとする電話があった。

Girijammaさんの夫は、病院から遺体を引き渡されたが、遺体は2次感染を防ぐために袋に包まれており、顔を確認できない状態だった。しかし病院から死亡証明書が発行されたため、地元に戻って遺体を火葬した。その後、Rameshさんも亡くなり、2人の告別式を営んだ。

ところが、今月2日、すでに火葬されたはずのGirijammaさんが退院して自宅に戻ったことから、Girijammaさんの家族は喜ぶと同時に「私たちが火葬したのは誰だったのか」とパニックに陥ったという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×