スラムダンクの「聖地」にそっくり?中国・武漢の「小鎌倉」にネット「全然違う」「便乗商法うんざり」

スラムダンクの「聖地」にそっくり?中国・武漢の「小鎌倉」にネット「全然違う」「便乗商法うんざり」

中国湖北省武漢市に日本の人気アニメ「スラムダンク」の「聖地」にそっくりな場所があり、「小鎌倉」と呼ばれて人気撮影スポットになっているという。

中国湖北省武漢市に日本の人気アニメ「スラムダンク」の「聖地」にそっくりな場所があり、「小鎌倉」と呼ばれて人気撮影スポットになっているという。

江ノ島電鉄「鎌倉高校前」駅そばの海が見える踏切は、アニメ「スラムダンク」のオープニングシーンに登場することからファンの間で「聖地」とされ、同アニメの人気が高い中国でもよく知られた場所となっている。

中国のニュースサイトの澎湃新聞は6日、SNS微博(ウェイボー)への投稿で、武漢の「小鎌倉」を取り上げ、車道に飛び出して撮影する人もいてとても危険で、市の交通管理当局が撮影者に注意喚起を行っているなどと報じた。

この投稿のコメント欄を見ると、「似てるか?」「全然違う」「いたって普通の角」「踏切は?電車は?」「便乗商法いい加減うんざり」などの声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×