路上でひざまずく男性を60回もビンタする女性=韓国ネット「男女が逆なら大問題なのに」

路上でひざまずく男性を60回もビンタする女性=韓国ネット「男女が逆なら大問題なのに」

ソウル市の繁華街で、ひざまずく男性の頬を何度も殴る女性の映像が公開され、物議を醸している。写真は実際の映像の一部。

ソウル市の繁華街で、ひざまずく男性の頬を何度も殴る女性の映像が公開され、物議を醸している。6月7日、韓国メディア・マネートゥデイが報じた。

記事によると、YouTubeチャンネル「ペンデトペ」に30日、「実況!デートDV現場を近接撮影」というタイトルの映像が投稿された。投稿者は「蚕室(チャムシル)付近の繁華街で、デートDV現場を目撃した」とし、「撮影前から男性はすでに暴行されていた」と説明している。

映像には29日の午後7時ごろ、蚕室市内の駅付近において、女性がひざまずいた状態の男性の頭や頬を何度もビンタする様子が映っており、男性は抵抗せずに殴られ続けている。その後男性が何かを尋ねると、女性は「生意気に聞かないで。偉そうに」と言いながら男性の頬を音が鳴るほどの強さで連打。それでも怒りがおさまらないようで、その後も立ち上がって暴行を続けたという。

結局、付近の店のオーナーと思われる人物が「ここでけんかはやめてください」と注意し、やっと女性は暴行をやめたとのこと。約5分間の映像の中で、女性は60回以上も男性を殴っていた。

この映像は7日にSNSやオンラインコミュニティーなどで拡散され、視聴者からは「浮気でもしたのか?黙って殴られ続けるなんて、一体何をしたんだ」「男女が逆なら大問題なのに」などの声が寄せられているという。

記事は「暴行後の詳細は不明だが、女性は市民からの通報で駆け付けた警察により調査を受けたようだ」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからも、「暴力は正当化できない。男女問わず処罰されるべき」「女性が殴られてたらすぐに人が飛んでくるのに、男性なら放置していいの?」「男性が何をしたかは知らないけど、やりすぎだと思う」「殴りすぎだよ。見てるこっちの方が腹が立つ」「こういう人のせいで韓国人女性が悪く言われる」「逮捕しなくていいの?」「これは常習犯だな」など、女性に対する批判的なコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×