中国のファッションショーに登場したチマチョゴリ、韓国ネットが「また文化が奪われる」と大騒ぎ

中国のファッションショーに登場したチマチョゴリ、韓国ネットが「また文化が奪われる」と大騒ぎ

10日、韓国・ノーカットニュースによると、中国で行われたファッションショーにチマチョゴリが登場したことが韓国のネット上で物議を醸している。写真は延吉市にあるデパート「百利城」。

2021年6月10日、韓国・ノーカットニュースによると、中国で行われたファッションショーにチマチョゴリ(韓服=韓国の伝統衣装)が登場したことが韓国のネット上で物議を醸している。

記事によると、韓国のインターネット掲示板にこのほど「中国の近況」と題するスレッドが掲載された。スレッド主は「中国の延辺で開かれた朝鮮族のファッションショー」としてある映像を掲載し、「チマチョゴリを着た市民らが自国の衣服だと広報している」と説明した。映像には、ショッピングモールのエスカレーターから、20人ほどの市民がチマチョゴリと見られる衣装を着て、腕を広げて降りている様子が映っていた。その周りには、この姿を撮影しようと集まった市民らも見受けられたという。

この場所について記事は「中国の延辺朝鮮族自治州・延吉にある総合ショッピングセンター『百利城』だ」とし、「2015年9月20日にオープンし、有名ブランドやレストランなども多く、延吉内で人気の場所だ」と説明している。

朝鮮族のファッションショーであるため問題ないように思えるが、韓国では最近、中国がチマチョゴリについて「明代から着ていた漢服に由来する」と主張していることに「中国人が韓国の伝統衣装を奪っている」と非難の声が高まっている。そのためスレッド主は敏感に反応しているようだ。

他のネットユーザーも一部では理解の声が上がっているものの、「誰が見てもチマチョゴリだよね」「なんでそんなに韓国の文化を奪おうとするの?」「そんなに韓国の物が良さそうに見える?」「着物が韓国の衣装だと主張するようなもの。恥ずかしくない?」と批判的な声が多数を占めている。

また「韓国文化が中国を征服してるってことかな(笑)」「それなら韓国人になりたいって言えばいいのに」と皮肉たっぷりの指摘や、「中国製品の不買運動はしないの?」「韓国の文大統領はまただんまり?」など日本の場合と比較して対応を求めるも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)

×