記録的豪雨被害の鄭州市でホテルが値上げ、批判殺到―中国

記録的豪雨被害の鄭州市でホテルが値上げ、批判殺到―中国

「1000年に1度」ともいわれる記録的豪雨に見舞われた中国河南省の省都・鄭州市内にあるホテルが、宿泊料金を10倍に値上げしたとする書き込みがSNS上にあり、批判が殺到して謝罪に追い込まれた。

「1000年に1度」ともいわれる記録的豪雨に見舞われた中国河南省の省都・鄭州市内にあるホテルが20日、宿泊料金を1泊200〜300元(約3400〜5100円)から2000〜3000元に値上げしたとする書き込みがSNS微博(ウェイボー)上にあり、批判が殺到して謝罪に追い込まれた。

問題のホテルは「希岸酒店鄭州高鉄東站店」。希岸酒店は22日、ウェイボーの公式アカウントに謝罪文を出し、「本部は各加盟店に対し、値上げしてはならず、客を受け入れられるだけ受け入れるよう伝えたが、当該加盟店はその決まりに反した」などと説明。「ウェイボーの助けを借りてお客様と連絡を取りおわびしたい」とした。

これについて、ウェイボー上では「国の危機に乗じてこんなことをして恥ずかしくないのか」「書き込みをした客だけでなく、全ての客に謝罪して返金すべき」「謝罪しても無駄。永遠に悪いイメージは消えない」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)