中国代表監督が日本の敗戦に「これがサッカーだ」、日本は「アジア最高のチーム」とも

中国代表監督が日本の敗戦に「これがサッカーだ」、日本は「アジア最高のチーム」とも

李鉄監督サッカー中国代表の李鉄(リー・ティエ)監督が日本の敗戦に言及した。

サッカー中国代表の李鉄(リー・ティエ)監督が日本の敗戦に言及した。

日本は2日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループBの初戦でオマーンと対戦し0-1で敗れた。

李監督は会見で「日本がホームでオマーンに敗れるとは、おそらく多くの人が予想していなかっただろう。これがサッカーだ。私たちにとって7日の日本戦は厳しいものになるだろう。選手にとってはアジア最高のチームに挑戦できるとても良い機会になる」と語った。

なお、中国は初戦でオーストラリアに0-3で敗れ、グループ最下位となっている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)