世界で最も疲れているのは中国人でも日本人でもなかった―16カ国調査

「世界で最も疲れている国」ランキング発表 中国SNS「1位は中国か日本だと思った」

記事まとめ

  • 英ベッド用品メーカーSleepseekerが「世界で最も疲れている国」ランキングを発表した
  • トップはシンガポールで、メキシコ、ブラジル、米国、日本、英国とそれに続いた
  • この結果に中国のWeibo上では「ちょっと信じられない」といった声も

世界で最も疲れているのは中国人でも日本人でもなかった―16カ国調査

世界で最も疲れているのは中国人でも日本人でもなかった―16カ国調査

英ベッド用品メーカーSleepseekerの「世界で最も疲れている国」ランキングで中国が9位だったことについて、中国のSNS上では「1位は中国か日本だと思った」との反応が見られた。写真はシンガポール。

英ベッド用品メーカーのSleepseekerがこのほど発表した「世界で最も疲れている国」ランキングで中国が9位だったことについて、中国のSNS上では「1位は中国か日本だと思った」との声が上がっていた。

中国のニュースサイト、新浪新聞が11日、微博(ウェイボー)への投稿で伝えたところによると、Sleepseekerは、16カ国の国民について、睡眠時間(データはStatistaから)、(スマホなどの)画面を見ている時間(BusinessFibre.co.ukから)、平均年間労働時間数(Wikipediaから)、睡眠関連用語の検索数(Google Keyword Plannerと各国のGoogleユーザー数から)の4項目に基づき「疲労指数」を10点満点で数値化した。

疲労指数がトップだったのはシンガポールで7.20。2位以下は、メキシコ(7.01)、ブラジル(6.28)、米国(5.57)、日本(5.32)、英国(4.82)、ニュージーランド(4.74)、オーストラリア(4.72)、中国(4.59)の順だった。

中国の平均年間労働時間数は2174時間で、メキシコ(2255時間)、シンガポール(2238時間)に次いで3位だった。

この結果について、ウェイボー上では「ちょっと信じられない」「世界で最も疲れているのは中国の農民工(農村から都市に出て就労する人)」「中国のプログラマーは996勤務(午前9時から午後9時まで週6日働く)」などの声も見られた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)