感染者数急減の原因、日本人にも分からず―台湾メディア

感染者数急減の原因、日本人にも分からず―台湾メディア

米華字メディアの多維新聞は20日、「新型コロナ感染者数急減の原因、日本人にも分からず」とする記事を台湾・聯合新聞網が掲載したことを報じた。写真は東京のPCR検査。

米華字メディアの多維新聞は20日、「新型コロナ感染者数急減の原因、日本人にも分からず」とする記事を台湾・聯合新聞網が掲載したことを報じた。

記事は、「日本が突然、防疫成功国となったことに多くの人が驚いたが、日本が一体どのようにこれを成し遂げたのか日本の人々ですら分からないようだ」とし、東京の1日の新規感染者数が8月中旬の6000人近くから100人以下に減少したことを説明。「欧州やアジアの他の国と違い、日本では都市封鎖に近いいかなる措置も行われたことがなく、実施したのは一連の緊急事態措置だけだ」とした上で、防疫成功の要因として考えられるものとして開始は遅かったものの極めて迅速なワクチン接種やナイトライフエリアにおける規制、人々のマスク着用および8月下旬の悪天候で人々が家にいることを余儀なくされた点を挙げた。

そして「日本の人々は依然、感染者数が大幅に減少した原因について困惑している」とし、確かな原因が分からないままワクチン効果の低下と冬を迎えると今夏のような感染状況に再び直面するのではないかとの懸念を専門家は抱いていると指摘した。

記事はまた、公衆衛生の専門家は感染者数が減少した原因について全面的な調査を行いたいとしているとも伝えた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)