日本文化好きに疑問を呈すも、中国ネット民「日本文化が好きで何が悪いんだ!」

日本文化好きに疑問を呈すも、中国ネット民「日本文化が好きで何が悪いんだ!」

日本のアニメやゲームなどが好きな中国人は多いが、なぜ中国文化でなく日本文化を好むのだろうか。中国のQ&Aサイトにはこのほど、「中国人の同胞たちが日本文化を好むことをどう思う?」と質問するスレッドが立てられ、様々な意見が寄せられた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本のアニメやゲームなどが好きな中国人は多いが、なぜ中国文化でなく日本文化を好むのだろうか。中国のQ&Aサイト知乎にはこのほど、「中国人の同胞たちが日本文化を好むことをどう思う?」と質問するスレッドが立てられ、様々な意見が寄せられた。

 「中国人が日本文化を好む」傾向をあまり良く思っていない様子のスレ主は、中学生までは暇さえあれば日本のアニメを見ていたものの、高校生になってからは「中国産」を好むようになったという。そして「中国のものより、日本のものの方が無条件に良いと考える中国人が多い現状」に疑問を抱いたそうで、意見を求めている。

 これに対して、ほとんどの中国人ネットユーザーが「日本文化が好きで何が悪いのか」とスレ主に反論していた。中国にも三国志や西遊記など日本に負けない良作があるが、古いし数が少ないと指摘した。また、日本のゲームなどには「満足感」があるとのコメントもあった。

 中国では愛国精神ゆえに、日本のものが好きだと公言しにくい雰囲気がある。そのためか、日本文化は好きだが「自分は社会主義の子どもだ」と弁明する中国人ネットユーザーや、韓国色が強く反映された韓国のコンテンツと違い、日本の娯楽には日本色が比較的薄いとの指摘もあった。さらに、日本文化は中国の影響を受けているので、三国志など中国の伝統文化を題材にしたゲームがあり、「分かりやすくて親近感がある」と評価していた。

 中国では近年、日本文化に抵抗感を示す意見が多くなっており、「文化侵略」だとして批判する声も多いが、寄せられたコメントを見る限り日本文化を好む中国人はまだまだ多くいるようだ。いずれにしても、国産かどうかに関わりなく自分が好きなものを選べるのが理想ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)