やるせなさを感じる!中国経済は「まだ日本とは大きな差」=中国報道

やるせなさを感じる!中国経済は「まだ日本とは大きな差」=中国報道

日本の国内総生産(GDP)は米国、中国に次ぐ世界3位だ。バブル崩壊によって経済成長率が落ち込んだ日本は、改革開放によって経済を急激に成長させた中国に逆転されてしまった。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の国内総生産(GDP)は米国、中国に次ぐ世界3位だ。バブル崩壊によって経済成長率が落ち込んだ日本は、改革開放によって経済を急激に成長させた中国に逆転されてしまった。

 バブル崩壊によって経済成長が失われた時期については「失われた20年」などと言われるが、中国メディアの緯度財経はこのほど、「日本はなぜ失われた20年を経験しながらも、今なお先進国であり続けることができるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、経済成長率が低迷したとは言えども、日本の社会インフラや教育、衛生環境、公共インフラなどは「経済成長率とともに低迷するものではない」と指摘。さらに、成長率は低迷していてもマイナス成長ではないため、そもそも日本経済は「衰退」していないため、今なお先進国なのだと論じた。

 続けて、日本経済はバブル崩壊によって大量の不良債権が生まれ、その整理に10年以上もかかったと指摘し、その後に世界金融危機が発生するという不運もあったと指摘。一方、日本経済の規模は約20年にわたって大きく変化していないが、「バブルの後始末はすでに終わり、経済構造としては健全なものになっている」と論じた。

 さらに記事は、日本経済はかつてのように英国やフランス、ドイツを圧倒するほどではなくなったものの、同等の実力を持つものだと指摘し、先進国は経済成長が停滞したところで、そう簡単に没落しないものだと主張した。

 中国では近ごろ、中国経済は果たして日本経済を全面的に上回ったのかどうかを考察する報道が多く見られる。急激な成長を遂げた中国だが、近年は経済成長率が低迷し、生産能力の過剰や不良債権の急増などの問題が顕在化するなかで、記事の内容からは「これだけ発展を遂げたのに、まだ日本とは大きな差が存在する」というやるせなさを感じ取れる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】