中国人がコンドームの次に復活させるのは日本のラブホテル市場だ=中国

中国人がコンドームの次に復活させるのは日本のラブホテル市場だ=中国

日本を訪れる中国人旅行客の数と資金力は日本経済に大きな影響をもたらした。過去には温水洗浄便座や電気炊飯器の爆買いが話題となったが、日本メーカーのコンドームも「質が高い」として人気となった。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人旅行客の数と資金力は日本経済に大きな影響をもたらした。過去には温水洗浄便座や電気炊飯器の爆買いが話題となったが、日本メーカーのコンドームも「質が高い」として人気となった。

 今なお多くの中国人旅行客が訪日するなか、日本では宿泊施設の不足が顕在化しており、一部でラブホテルを中国人旅行客向けのホテルにする動きがあるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人旅行客が日本のラブホテルを救う」と題し、中国人が日本の一部の産業の生死すら分ける存在になっていると主張した。

 記事はまず、利用客が伸び悩んでいた静岡空港が中国路線を開通したことで、利用客が大幅に増えたことを紹介し、まさに「中国人が日本の一部の産業の生死すら分ける存在」になっている事例とした挙げた。さらに、少子化の影響で縮小傾向が続いていた日本のコンドーム市場も中国人の爆買いで潤った産業の1つであることを紹介した。

 続けて、「中国人旅行客が次に復活させるのは日本のラブホテル市場」だと伝え、一部でラブホテルを中国人旅行客向けに改装する動きがあると紹介。中国人旅行客も日本のラブホテルという存在は知っているようで、「ベッドが大きい」、「独特の雰囲気」などのイメージを持っていると伝え、改装後のホテルは中国人旅行客の興味を引く存在のようで、すでに人気を得ていることを紹介している。

 記事は、ラブホテルが一般的なホテルに改装されるケースについて紹介しているが、改装を行っていない一般的なラブホテルに宿泊したいと考える中国人も少なくないようだ。すでにアクセスの良い場所にあるラブホテルにわざわざ宿泊する中国人も多数いるようで、爆買いならぬ「爆泊」も生じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】