見てみろ!データから判断すれば日系車購入は「あり」だ!=中国報道

見てみろ!データから判断すれば日系車購入は「あり」だ!=中国報道

中国で日系車が好調な販売を維持するなか、いまだに日系車の安全性に疑問を呈す消費者や、愛国主義を理由に日系車を買うべきでないと主張する人が入るのも事実だ。だが、中国メディアの今日頭条は、中国人消費者が日系車を買うべきか否かについては各種データから客観的かつ理性的は判断が必要と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国で日系車が好調な販売を維持するなか、いまだに日系車の安全性に疑問を呈す消費者や、愛国主義を理由に日系車を買うべきでないと主張する人が入るのも事実だ。だが、中国メディアの今日頭条は、中国人消費者が日系車を買うべきか否かについては各種データから客観的かつ理性的は判断が必要と主張する記事を掲載した。

 記事がまず紹介したデータは、2015年の世界における自動車販売数だ。1位がトヨタ、8位がホンダ、10位がスズキであり、3位のルノー日産はフランス車としてカウントされているが、日産をフランス車として認識している中国人はあまりいないだろう。したがってこの結果は、日系車が世界で高く評価されている証拠だといえる。

 また、中国国内のクレーム数を見た場合、中国を含めた6カ国の自動車のうち、クレーム数が最も少ないのが日系車であることから、日系車の技術の高さと信頼性は中国人ユーザーからも認められていると説明。顧客満足度においても、乗用車、SUV車ともに日系車が米国車とドイツ車を抑えてダントツの1位だったことを紹介した。

 そもそも、日系車を購入しないといっても、実際には各国の自動車にはエンジンやトランスミッション、オーディオ等、多くの部品に日本製品が採用されていると指摘。事実、多くの中国車のエンジンは日本メーカーの製品だ。「この事実を知れば、日系車に対する見方がかわるだろう」と結び、日系車購入も1つの選択肢として「あり」だとの見方を示した。

 中国における日系車の販売数は増加傾向にあり、理性的な消費者が増えてきていると言えるだろう。このような客観的なデータを示した記事がさらに増えれば、日系車の人気はもっと高まるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】