地下鉄の車内の様子から見た「日本と中国の国民性の違い」

地下鉄の車内の様子から見た「日本と中国の国民性の違い」

日本人は真面目な国民性だと言われる。中国でもこうした評価は一般的に見られるものであり、こうした真面目さを脅威と感じる中国人は少なくないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人は真面目な国民性だと言われる。中国でもこうした評価は一般的に見られるものであり、こうした真面目さを脅威と感じる中国人は少なくないようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本という国は中国人にとって怨恨の対象であると同時に、敬服すべき相手でもある」と伝えつつ、日本人の国民性は「日本の地下鉄」に乗れば見えてくると伝えている。

 記事はまず、地下鉄のエスカレーターでは「日本人はどちらか片側一方に寄って乗る」と紹介。また、地下鉄の電車が遅延することは事故などを除いてまず起きないことを指摘しつつ、留学など日本で暮らし始めたばかりの中国人は「中国のように電車が遅れる可能性」を配慮して早めの行動を心がけるものと紹介。

 一方、実際には日本では電車が遅れることはほとんどないと紹介し、これらの事例から日本人の規律を重視する国民性と時間に正確な国民性が見て取れると論じた。

 続けて、地下鉄の車内で居眠りをしている日本人は多いと紹介。座席に座るなり、すぐに目を閉じるビジネスマンは少なくないとし、なかには隣の席の人に寄りかかるように居眠りをする日本人もいるとしながらも、「驚くべきは、居眠りをしていた日本人も目的の駅に到着するとすぐに席を立ってきびきびと行動し始めること」と指摘。こうした居眠りは「空いた時間を上手に活用する能力」であるとし、これも日本人の国民性であると論じた。

 記事は、地下鉄の車内で見た日本人の国民性について紹介しているが、逆に中国の地下鉄の車内は日本と違って非常に賑やかだ。良く言えば「自由」であり、悪く言えば「周囲への配慮がない」という状況で、大声で話をする人や電話で話をする人も多い。また、中国メディアの網易の5月28日付報道によれば、広州市の地下鉄の車内で男性3人が頭上の手すりに洗濯物を干し、床に座卓を置いて食事を始めるという事案が発生している。こうした事案からも中国の国民性とは一体どういうものかが見て取れるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】