このままでは日本人にさらに嫌われる!中国人旅行客のマナー違反に警鐘

このままでは日本人にさらに嫌われる!中国人旅行客のマナー違反に警鐘

日本政府観光局(JNTO)によれば、2015年に日本を訪れた中国人客の数は499万人を超え、今年も過去最高を記録した15年をさらに上回るペースで中国人客の数は増えている。(イメージ写真提供:123RF)

 日本政府観光局(JNTO)によれば、2015年に日本を訪れた中国人客の数は499万人を超え、今年も過去最高を記録した15年をさらに上回るペースで中国人客の数は増えている。

 過去に爆買いが大きな注目を集めたとおり、中国人客の消費は日本に大きな経済効果をもたらしたため、日本の商業界では今も中国人旅行客を諸手を挙げて歓迎する動きが続いている。一方、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人は中国人を歓迎していないというのに、なぜ中国人は日本に旅行に行くのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れる中国人旅行客が増えるにつれ、日本では中国人旅行客のマナーなどに起因するトラブルが生じていることを紹介。日本で自転車を借りて観光を行う一部の中国人旅行客が歩行者を優先しない、歩行者にぶつかるなどのマナー違反を繰り返し、日本人の生活に支障をきたす事例が発生していると伝えた。

 また、自転車のレンタルを行っている日本の業者の見解として、「中国人は自転車の返却の際に、カゴにゴミをいっぱい残して返却する」、「自転車を壊して返却する中国人もいる」と紹介、自転車を借りるという行動1つだけでも、中国人は数多くのマナー違反とトラブルを引き起こしているのだと指摘した。

 中国人にとって日本旅行はやはり魅力的なものであるため、中国人の日本旅行をやめさせることは不可能であることを指摘しつつも、日本を訪れるならば日本のルールに則った行動を取るべきであり、さもなければ「中国人は日本人にさらに嫌われるうえ、中国の国家イメージもさらに悪化する」と警鐘を鳴らした。

 現在、日本のみならず世界各国では中国人旅行客を歓迎する動きがあるが、これは中国人旅行客が多額の消費を行ってくれることが大きな要因だ。もし中国人旅行客が消費を行わなくなっても、世界は中国人旅行客を歓迎してくれるだろうか。現在のように渡航先のルールや習慣を尊重せず、中国国内のように自分勝手な行動を繰り返しているようでは、心から歓迎してくれる国はいつまでも現れないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】