日本と中国の「差」は、教育の「差」にあった!心と体を鍛える日本の教育=中国

日本と中国の「差」は、教育の「差」にあった!心と体を鍛える日本の教育=中国

中国メディア今日頭条はこのほど、日本が先進国であると同時に、中国が開発途上国であるのは「教育」に原因があると主張、幼稚園児や小学生の教育に焦点を当てて日本と中国の教育を比較した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア今日頭条はこのほど、日本が先進国であると同時に、中国が開発途上国であるのは「教育」に原因があると主張、幼稚園児や小学生の教育に焦点を当てて日本と中国の教育を比較した。

 記事はまず、日本の幼稚園では健康増進のために子どもたちに乾布摩擦をさせると説明、しかし中国では「寒風のもとで衣服を脱ぐことを親たちは心配し、子どもたちも寒風に耐えられない」と指摘。また、日本の小学生たちが教育の一環として正座をして舞の鑑賞や茶道を学習している様子について写真とともに紹介し、正座は「日本では礼儀を示す座り方」であると説明した。

 一方、中国では乾布摩擦のように心と体を鍛えるための活動はなく、子どもたちを過保護にする風潮しかないと指摘。また、中国の子どもたちに礼儀を教える教育の機会もないと指摘し、「子どもの身体の健康と成長は重要だが、心を鍛錬するのはさらに重要である」としたうえで、こうした教育の差が先進国と開発途上国という差につながっているのではないかと考察した。

 記事は中国の子どもたちの過保護について言及しているが、中国で一般的に見られる状況として、親が子どもを厳しく叱れないというものがある。子どもが良くない行為をしたとき、親たちは口頭でたしなめはするが、子どもの心を傷つけることを恐れるあまり、本当に必要とされる矯正を与えられないという親はとても多い。

 また中国が目標としている匠の精神の育成だが、子どもたちは親や社会の考え方から強い影響を受けて育つため、お金を稼ぐことだけを動機とし、品質の追求には関心がないという中国ならではの風潮は子どもたちも間違いなく影響を受けている。中国が真の先進国へと発展を遂げるには教育面でも様々な課題が存在していると言えよう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】