日本に羨望の眼差し、「高所得なのに不動産は安くて羨ましい」=中国

日本に羨望の眼差し、「高所得なのに不動産は安くて羨ましい」=中国

中国で不動産バブルが生じていると指摘されて久しい。中国人男性にとって「持ち家」は結婚の条件になるほどの必需品なのだが、もはや一般の人にはなかなか手がでないほどまで高騰してしまった。(イメージ写真提供:123RF)

 中国で不動産バブルが生じていると指摘されて久しい。中国人男性にとって「持ち家」は結婚の条件になるほどの必需品なのだが、もはや一般の人にはなかなか手がでないほどまで高騰してしまった。

 中国メディアの騰訊はこのほど、日本人と中国人の家賃と給料を比較した記事を掲載し、日本は不動産価格や家賃が安いのに対し、受け取っている給料が中国人に比べて高いと伝えている。

 記事はまず、日本の戸建て住宅と、中国の同水準の物件について価格を比較。日本の物件価格が約2300万円に対し、中国の場合は日本円にして約1億5000万円もすると指摘したうえで、日本では一般的な会社員であれば給料は最低でも20万円はもらえるのに対し、中国はわずか6万円ほどだと紹介した。

 中国では戸建住宅は非常に高額な存在であるため、一概に比較できるものではないが、6万円の月給で1億5000万円の物件など到底購入できないのは一目瞭然だ。中国では北京市や上海市などの都市部ではマンションでも価格が数千万円することは普通であり、不動産価格の上昇率は明らかに給与の上昇率を超えてしまっている。

 一方、中国では所得水準の低い出稼ぎ労働者を含め、消費者たちは明らかに無理なローンを組んでマンションを購入しているのが現実だ。そのため、不動産ローンの重すぎる負担に耐えかねて破産する人や、結婚のためにマンションを購入したのにローンを返済するだけで精一杯という中国人も多いという。

 記事は、中国の高すぎる不動産価格は「中国の消費低迷や生活水準向上の阻害につながる」と警鐘を鳴らしたほか、国外への移民増加にもつながると指摘。日本はバブル崩壊によって不動産価格が下落したが、それによって「日本人は教育や医療、旅行などにお金を使えるようになった」と主張し、中国の生活水準がいつまでたっても向上しないのは低所得であるのに不動産価格だけが上昇するからだと批判している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】