日本のソフトパワーに魅了される中国人、「だから我々は日本に行く」=中国

日本のソフトパワーに魅了される中国人、「だから我々は日本に行く」=中国

日本人は中国人観光客と聞くと「爆買い」を連想し、中国人旅行客が日本を訪れるのは「ショッピング」の環境が整っているためと思いがちだ。だが、日本を観光で訪れる中国人の関心は買い物だけではない。では一体、日本の何が彼らを魅了しているのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人は中国人観光客と聞くと「爆買い」を連想し、中国人旅行客が日本を訪れるのは「ショッピング」の環境が整っているためと思いがちだ。だが、日本を観光で訪れる中国人の関心は買い物だけではない。では一体、日本の何が彼らを魅了しているのだろうか。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、多くの中国人が日本旅行に夢中になる理由を考察する記事を掲載、中国人旅行客が日本を訪れている背景にはまさに日本のソフトパワーがあることを指摘している。

 記事はまず、日本は工場や車による大気汚染が少なく、空気の質が良いし、そのため空が中国とは比べ物にならないほど青いと称賛。また、日本の街並みは優雅であり、同時に静けさも感じられると指摘した。たしかに、きれいな空気と騒音の少ない場所は中国国内ではそう簡単に見つけられるものではない。少なくとも都市部にそのような環境はないと断言できる。

 また、日本の魅力的な文化として、今なお残っているお寺、文化遺産や和服にふれ、その伝統を日本のいたるところで感じることができると紹介。中国は近年確かに著しい発展を遂げたが、そのかわりに伝統を随分と失った感がある。都市部では胡同と呼ばれる伝統的な家屋は取り壊され、近代的なビルに変わってしまった。中国人が自国で失った伝統の面影が、日本では街中で見かけることができるという点も魅力なのだろう。

 さらに記事は、日本の道路、商業施設や観光地が中国と違って「ゴミ一つなく綺麗」で、「整然としている」ことは1つの観光資源であると紹介。また、中国人に人気のドラッグストアについても、アイマスクや足の消臭スプレー、液体絆創膏など「誰が発明したのだろうかと驚かされる」ような品物を購入するも日本旅行の醍醐味とした。

 そして、中国ではまず有り得ないこととして、日本では失くしたものが返ってくることを紹介。日本ではたとえ傘や手袋など小さなものであっても、あるいは財布や携帯電話などの貴重品であっても、紛失することはなく、警察に届ければ数日で返ってくる可能性が高いと紹介、日本は社会秩序と風紀が素晴らしいと絶賛した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】