日本人の生活を見れば、世界一流であることがすぐ分かる! =中国メディア

日本人の生活を見れば、世界一流であることがすぐ分かる! =中国メディア

中国メディア・今日頭条は19日、「日本の生活の現状は、間違いなく世界一流レベルだ」とする写真記事を掲載した。記事は、現在の日本社会でよく見られる日常的な光景を収めた写真を複数掲載しているが、一体どんなシーンから「日本の生活は世界一流レベル」と認識したのだろうか。(イメージ写真提供:(C)Sean Pavone/123RF)

 中国メディア・今日頭条は19日、「日本の生活の現状は、間違いなく世界一流レベルだ」とする写真記事を掲載した。記事は、現在の日本社会でよく見られる日常的な光景を収めた写真を複数掲載しているが、一体どんなシーンから「日本の生活は世界一流レベル」と認識したのだろうか。

 記事は、中国人の多くは日本に対して「同じ感情で満たされている」とする一方で、「もし、本当に日本に行ったことのある人はみんな分かっている。日本の国民生活の現状は、多くの人が想像しているのと異なることをだ」と論じたうえで、画像を紹介している。日本に行ったことのない中国人の多くは、日本が不景気に苦しんでいる、あるいは軍国主義化、右傾化しているとの認識を持っている、ということのようだ。

 記事が紹介したのは、東京・渋谷のスクランブル交差点にあふれかえる人びと、公園の入口に行儀よく並んでいるベビーカー、繁華街の歩道脇にきれいに積まれたゴミ袋、休日で人も自動車もほとんどいないオフィス街、化粧やおしゃれを楽しむ女子高生、仕事帰りの時間にサラリーマンで賑わう居酒屋、田園の周りに立派な家が並ぶ農村、薄暮に浮かび上がる浅草寺と東京スカイツリーなどの画像だ。

 休日のガラガラなオフィス街どことなく寂しさを感じるが、中国の人はどうやらその整然とした様子に「日本らしさ」を覚えるようである。記事は最後に、「われわれは多かれ少なかれ日本に対して偏見を持っている。しかし、彼らの先進的な文化や技術、生活において大きくわれわれをリードしていることは、否定できない事実なのである」と締めくくっている。

 初めて上海を訪れた知人に感想を聞いたところ「表通りからちょっと路地に入るとスラムのような光景で驚いた」との答えが返ってきた。スラムという表現が妥当かどうかは分からないが、言わんとしていることは理解できる。「一本入ったところ」に、中国の発展がまだ途上であるところを感じるのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Sean Pavone/123RF)

【関連記事】 日本人は食べ方が美しい! だから和菓子もより美しく見えるのだ!  日本の洗濯機が「恨めしい」、冗談めかしたくなるほどの品質 気をつけろ! 日本は領土の侵略者だけでなく、文化泥棒でもある!