中国には数多く存在する「物乞い」、なぜ日本にはいないのか=中国報道

中国には数多く存在する「物乞い」、なぜ日本にはいないのか=中国報道

日本にも中国にもホームレスと呼ばれる人は存在する。しかし、日本でホームレスとなった人は「生き方」という点で中国のホームレスの人びととは一線を画すようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の不動産バブル崩壊が生み出したホームレスの人びとの生き方に注目しつつ、彼らは「なぜ物乞いをしないのか」と問いを提起、その答えを中国の読者に紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 日本にも中国にもホームレスと呼ばれる人は存在する。しかし、日本でホームレスとなった人は「生き方」という点で中国のホームレスの人びととは一線を画すようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の不動産バブル崩壊が生み出したホームレスの人びとの生き方に注目しつつ、彼らは「なぜ物乞いをしないのか」と問いを提起、その答えを中国の読者に紹介している。

 中国を訪れたことのある人ならば、中国で物乞いをする人がいかに多いかを知っているだろう。大都市の人が多く集まる場所では物乞いの人を多く見かける。中国では社会保障制度がまだ完備されていないこともあり、物乞いをせざるを得ない状況の人も数多く存在するのだ。

 一方で記事は、日本の社会保険規定では失業して収入がなくなったなら失業給付金を受け取ることができ、そのほかにも生活保護制度もあると紹介。もちろん給付金を受け取るためにはさまざまな条件があるのだが、記事は「日本ではホームレスになる必要はなく、保護制度もあるのに、どうしてこれほど多くのホームレスが存在するのか」と問いを提起した。

 記事はその答えについて「日本のホームレスの人たちは、人間としての尊厳は自力で生活することにあると考える」と説明。それゆえに「彼らは政府のお金を受け取ろうとはせず、また物乞いもしない」と主張、リサイクル可能なモノを拾い集めるなどの労働によって生活していると紹介した。

 前述のとおり、中国では物乞いをする人をよく見かけるが、そうした人びとが差し出す空き缶に硬貨を入れる中国人もいれば、「働く力があるのに物乞いをするのは納得できない」と言う理由から、物乞いする人を無視する中国人も数多く存在する。また、中国では子どもを誘拐し、物乞いをさせる闇組織が存在することも、中国人の多くが物乞いする人を無視する要因となっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 男性は足を切断され、物乞いを強要され・・・失踪から12年、同級生が発見 日本人は子どもですらネコババしない!治安の良さに中国人からは「帰国時が不安」という声も 日本に追い付くには「遠い道のり」、中国製造業は30年の努力が必要=中国