われわれは日本人と永遠に分かり合えないかも・・・その理由は? =中国メディア

われわれは日本人と永遠に分かり合えないかも・・・その理由は? =中国メディア

日本と中国は隣国の関係にありながら、しばしば価値観や考え方でぶつかり合う。そこには国土の広い国と狭い島国という地理的条件の違いや、歩んできた歴史の違いが深く関わっているようである。日本人と中国人は、互いに分かりあうことが永遠にできないのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国は隣国の関係にありながら、しばしば価値観や考え方でぶつかり合う。そこには国土の広い国と狭い島国という地理的条件の違いや、歩んできた歴史の違いが深く関わっているようである。日本人と中国人は、互いに分かりあうことが永遠にできないのだろうか。

 中国メディア・今日頭条は23日、日本人と中国人が数多くの誤解を抱き合っているうえ、上手くやっていくことが難しい理由について、民族的な特徴から説明する記事を掲載した。

 記事は、中国は国土の広さ、物の豊かさ、人の多さ、複雑な民族構成に伴う多元的な文化が中国人の個性を作りだしており、古代において屈指の強国だったことから「自尊自大、さらには自惚れの心理を持っている」と説明。対外的な危機感や圧迫感がなく、中国の文化の多くは自らの内面について深く考える傾向にあるとしている。

 一方、日本人は、島国の単一民族であり、生きていくためには集団主義を崇め、堅忍不抜の精神が培われてきたと解説。それゆえ日本人の文化は包容性に欠け、理性的な思考が不足しており、それが過激な方向へと走りやすく、死をも厭わない性格を形成していると論じた。

 同じ歴史を歩んできたわけでもなく、同じ気候風土で生きてきた訳ではないことを考えれば、日本人と中国人との間で偏見や誤解が数多存在することは致し方のないことのように思える。しかしだからといって「両者はいつまでも理解しあえない」とさじを投げてしまうのは問題だ。民族的な特性が異なっていたとしても、分かりあおうとする努力を永遠に続けなければいけないのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 もし、中国が日本を併合することになったら・・・ 日本人の生活を見れば、世界一流であることがすぐ分かる!  どうして韓国やベトナムは中国式の名字なのに、日本だけは日本式の名字なの?