中国車の「心臓」は日本製、それがなければ「生き延びられない!」=中国

中国車の「心臓」は日本製、それがなければ「生き延びられない!」=中国

中国では日本製品や日系車の排斥を呼びかける声が存在する。だが、日本製品は今やさまざまな中国製品にも搭載されており、見た目こそ中国ブランドであっても、中身は日本製品が使用されているものは少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では日本製品や日系車の排斥を呼びかける声が存在する。だが、日本製品は今やさまざまな中国製品にも搭載されており、見た目こそ中国ブランドであっても、中身は日本製品が使用されているものは少なくない。

 中国メディアの今日頭条は25日、日本製品の排斥や不買を呼びかける中国人に対して、もし三菱製のエンジンがなければ中国自動車メーカーは生き続けられないと訴えかける記事を掲載した。

 自動車にとってエンジンはまさに「心臓部」であり、エンジン性能の良し悪しは自動車そのものの良し悪しを左右する重要な部品だ。中国では長城汽車やBYD、江淮、衆泰、東南、北汽、華晨中華、東風風行、華泰など、数多くの自主ブランド車に三菱製のエンジンが採用されている。

 記事は、三菱製のエンジンは価格が安く、技術も高いため、エンジンを自主開発する能力がなく、非常に高額なエンジンを調達できない中国メーカーにとっては「ニーズにぴったり合致した」エンジンだと説明した。中国の愛国者たちが積極的な支持を呼びかけている中国車の心臓部は日本製品であるということだ。

 日本製品の不買は日本との歴史問題に起因する行動と言えるが、日中共同声明のなかにある「日本側は過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えた責任を痛感し、深く反省する」という声明文は、日本が過去における中国への侵略戦争について反省していることを明確に表現している。

 そうであれば中国自動車産業に「心臓」を供給している日本が中国にもたらしている恩恵について、日本製品ボイコットを行う中国人たちは少し立ち止まって考えてみるべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 どちらの姿が本当なの?「日本は憎むべき国か、それとも尊敬すべき国か」=中国 中国には数多く存在する「物乞い」、なぜ日本にはいないのか=中国報道 日本産の果物が高額である理由「中国と違って人体に有害な農薬を使用しないから」