日系車の魅力といえば「故障少なく、燃費良い」、では韓国車の特徴は?=中国

日系車の魅力といえば「故障少なく、燃費良い」、では韓国車の特徴は?=中国

日系車は中国で販売台数を伸ばしているが、中国人消費者は自動車を購入するにあたって、各国の自動車をどのように比較、検討しているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国で一定のシェアを獲得しているドイツ、米国、日本、韓国の自動車を比較する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日系車は中国で販売台数を伸ばしているが、中国人消費者は自動車を購入するにあたって、各国の自動車をどのように比較、検討しているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国で一定のシェアを獲得しているドイツ、米国、日本、韓国の自動車を比較する記事を掲載した。

 記事はまずドイツ車と米国車の特徴を紹介。ドイツ車は「高級感」や、高品質と厚い鋼板による「安心感」が魅力的だと主張する一方、販売価格と維持費が高いことが欠点だと指摘した。特に中国国内での修理費用はほかの外資メーカーの自動車に比べると高く、中国向けモデルの車種が多くないことも欠点として挙げた。続いて米国車は、見るからに頑丈で豪華、排気量が大きくタフで、運転を楽しむには適しているが、燃費が悪く、細かいところは作りが荒いと指摘した。

 最近、中国で人気の日系車については、「外見は地味で日本人と同じで面白みがなく走る楽しみはない」ものの、「故障が少なく、燃費も良く、維持費も低い」ため、日常生活の足にするには十分だと説明。また、「人間工学をもとにした設計」は理にかなっているとも称賛。そして保証期間内にはまず問題が発生しないのも魅力だと紹介した。

 最後は韓国車だが、「特徴は日系車に近い」ものの、「多くの点では日系車に遠く及ばない」のだという。優れている点は、米国車、フランス車すら凌ぐ「外見の美しさ」であり、その美しさは「群を抜いている」というが、組立、材料の選定、人間工学による設計では日本に及ばず、耐久性にも欠けるため、中古車市場での価値も低いと指摘した。

 このように比べてみると、同じ自動車でも「国」によって特徴に差があることが分かる。日系車の場合は狭い路地でも小回りの利く、燃費の良い自動車が特徴で、見た目は地味でも性能が高いというのは、堅実で地に足の着いた日本人の国民性を反映していると言えそうだ。今後、中国市場でさらなる発展を遂げるためには、中国人消費者の目線に立った開発・販売も必要になるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 素直に尊敬したい!日本は圧倒的に不利な条件でも経済大国になった=中国 日本人の気持ちがわかった・・・インドの「反中」映画に違和感 日本人選手を買おう!中国スーパーリーグでプレーする日本人は今後増える=中国報道