街中にあるゴミの総量、民度と関係? 中国メディアが考察

街中にあるゴミの総量、民度と関係? 中国メディアが考察

日本人が日々行っている「ゴミの分別」は、中国人からすると到底真似のできるものではないようだ。中国メディアの斉魯晩報はこのほど、日本を訪れた中国人が当たりにした清潔さを紹介すると同時に、「一国における街中のゴミの量は、その国に住む人びとの民度と関係があるのではないか」と考察している。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人が日々行っている「ゴミの分別」は、中国人からすると到底真似のできるものではないようだ。中国メディアの斉魯晩報はこのほど、日本を訪れた中国人が当たりにした清潔さを紹介すると同時に、「一国における街中のゴミの量は、その国に住む人びとの民度と関係があるのではないか」と考察している。

 まず記事は、日本を訪れた中国人の感想として「初めて東京に来た時に目にした道路はとても清潔で、中国のようにビニール袋や紙くず舞う様子は見当たらず」、しかも道路にはゴミ箱がないことにとても驚いたと伝えている。

 そして、東京で一定期間暮らすという経験を通じて、日本のゴミ処理を体験・理解したとし、日本では缶や瓶、プラスチック、紙、生活ごみを分別することを紹介している。日本人にとってはごく普通の分別ルールだが、中国人にすればこのルールを守るのはなかなか難しいだろう。なぜなら中国では路上のゴミ箱には分別マークがあるものの、捨てる人も、回収する人も全く意識していないからだ。

 また記事は、日本人は外出先で出たゴミ袋は持ち帰るなど、決してポイ捨てをしないことに深い感銘を受けたことを伝え、「中国人は国土が広く、資源が豊かで、人口が多いと誇りを思っているが、それが勘違いにつながり、多くの中国人は日常生活でひどい無駄遣いをし、大量のゴミを生み出し、資源の無駄使い」をしていると指摘した。

 さらに日本では街中にゴミがまったく落ちていないことについて、「小さなゴミ」の扱いによって「その人の教養が分かり、同じように国民の民度も分かる」と伝え、日本でゴミが落ちていないのは、日本人の民度が高いためとの見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 中国人に「帰国したくない!」 と感じさせる日本の魅力とは?=中国 日本を憎みながら育った中国人、訪日旅行で日本への感情が一変=中国報道 日本人の気持ちがわかった・・・インドの「反中」映画に違和感