日本を楽しむなら個人旅行だ!「治安も良いし、不安はない」=中国

日本を楽しむなら個人旅行だ!「治安も良いし、不安はない」=中国

観光庁の2016年4−6月期における「訪日外国人の消費動向報告書」によれば、観光・レジャー目的で訪日した中国人旅行客の旅行手配方法は団体ツアーが46.1%、個人旅行パッケージが21.0%、個別手配が32.9%という結果だった。(イメージ写真提供:123RF)

 観光庁の2016年4−6月期における「訪日外国人の消費動向報告書」によれば、観光・レジャー目的で訪日した中国人旅行客の旅行手配方法は団体ツアーが46.1%、個人旅行パッケージが21.0%、個別手配が32.9%という結果だった。

 また同調査によれば、観光・レジャー目的で訪日した中国人旅行客の来訪回数は1回目が67.7%であり、残りる32%は2回目以上という結果だった。つまり16年4−6月期に初めて日本を訪れた中国人旅行客のなかにも、個人旅行パッケージあるいは個別手配で日本旅行を楽しんだ人が大勢いたことが分かる。

 中国メディアの天天快報はこのほど、日本旅行を楽しむなら「個人旅行」を選択すべきだと読者に提言する記事を掲載。団体旅行ではなかなか味わえない日本が楽しめるからだと伝えている。

 記事は個人旅行での訪日を勧める理由として、日本の各商業施設では中国語による説明、表記があるため言語の問題を過度に心配する必要がないという点、日本は観光資源に恵まれているため、47都道府県のどこを選んでも美味しい食べ物や観光スポットにめぐりあえるという点、また治安が非常に良いため、ガイドなしでも不安ではない点などを紹介した。

 一方で個人旅行の際に注意が必要な点として、タクシーは絶対に利用しないようにと読者に注意を促している。これは日本のタクシー料金が中国のタクシー料金に比べて非常に高いためだ。せっかく多くの観光客が日本を訪れるなか、高額すぎるため利用すべきではないというイメージが広がるのは日本のタクシー業界にとって大きな機会損失と言えるだろう。

 個人旅行にはパッケージツアーにはない行動の自由があり、これが個人旅行最大の魅力だといわれる。例えば日本旅行を計画する中国人のなかには、飛騨高山の自然や古い街並みや温泉を心から満喫するため、インターネットで入手できる資料を用いて個人的に旅行プランを練り上げる人もいる。日本の豊富な観光資源や治安の良さ、また土地勘のない個人旅行者でも、日本であれば高確率で三食美味しい食べ物にめぐり合える点などを考えると、確かに日本は安心して個人旅行を選択できる国といえる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 日本製品には圧倒的な安心感がある! だから中国人は購入する=中国 日本企業の中国撤退は、やっぱり「不動産バブル」が原因?=中国 人口大国の中国から訪れても「東京の人の多さには目眩がする」=中国報道