中国人が日本の製品を求める理由、それは「技術力」だけじゃない!=中国メディア

中国人が日本の製品を求める理由、それは「技術力」だけじゃない!=中国メディア

2015年、日本を訪れる中国人旅行客の間で日本メーカーの温水洗浄便座や電気炊飯器が大きな人気となり、爆買いの対象となったことは記憶に新しい。1人で電気炊飯器を複数購入する中国人も珍しくなかったが、中国人たちは一体どのような点を評価して爆買いしていたのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 2015年、日本を訪れる中国人旅行客の間で日本メーカーの温水洗浄便座や電気炊飯器が大きな人気となり、爆買いの対象となったことは記憶に新しい。1人で電気炊飯器を複数購入する中国人も珍しくなかったが、中国人たちは一体どのような点を評価して爆買いしていたのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の温水洗浄便座や電気炊飯器に使われている技術は「中国が真似できないほど高いというわけではない」とし、中国人が爆買いしたのは「技術力の高さ」だけを評価したのではないと指摘する記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本の温水洗浄便座や電気炊飯器を爆買いしたのは「消費者の目線で考えられた設計や機能」を評価したためであり、まさにこうした点が中国人消費者の心を打ったのだと指摘。日本人は「生活の質を向上させるためには細部を疎かにしてはならない」ことをよく理解していると伝え、製品の質の「粗さ」を徹底的に排除していると主張した。

 さらに、日本ではさまざまな点で「消費者の目線で考えられた設計や機能」を体験することができると指摘し、日本ではこうした考え方が広く浸透していることを紹介した。中国では今なお計画経済のころの考え方が根強く残っている。それは「作れば売れる」という考え方だ。モノが不足していたころの中国であれば確かに「作れば売れた」のであろうが、今は中国人消費者も成熟し、国外にある良いモノの存在を知るようになり、質の高い製品を求めるようになった。

 中国のメーカーが今後生き残っていくためには、「作れば売れる」という考え方を転換し、消費者が何を求めているのかをよく考え、日本の製品のように「消費者の目線」に立ったモノづくりが必要になるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 街中にあるゴミの総量、民度と関係? 中国メディアが考察 羨ましくて、悔しくて・・・中国が日本のノーベル賞受賞に注目する理由 再び日本がノーベル賞、「中国人は頭を冷やす必要がある」=中国報道