もうイヤだ! 旅行前のワクワクをぶち壊した、ひど過ぎる日本ツアー旅行に中国人客憤慨

もうイヤだ! 旅行前のワクワクをぶち壊した、ひど過ぎる日本ツアー旅行に中国人客憤慨

安いものには理由がある。それは、長年消費活動を続けてきた経験から得られる「鉄板の法則」と言っていいかもしれない。旅行ツアーであれば、料金が安くなるほど自由に旅ができる時間が減り、さまざまな制約を受けることになるのは常識だ。逆に、それなりの値段を払ったにもかかわらず相応の自由を享受できないとなれば、帰着後に残るのは無理やり買わされた土産物と不満だけだろう。

 安いものには理由がある。それは、長年消費活動を続けてきた経験から得られる「鉄板の法則」と言っていいかもしれない。旅行ツアーであれば、料金が安くなるほど自由に旅ができる時間が減り、さまざまな制約を受けることになるのは常識だ。逆に、それなりの値段を払ったにもかかわらず、相応の自由を享受できないとなれば、帰着後に残るのは無理やり買わされた土産物と不満だけだろう。

 中国メディア・網易は7日、「日本観光よ、もう中国人のお金を騙し取るのはよせ」と題した文章を掲載した。記事は、5泊6日で5000元という決して激安ではない日本観光ツアーの内容が、かなりお粗末であったことを、参加客の話として紹介している。記事が紹介したツアーの内容をまとめると、以下のような感じになる。

 北京からわざわざ天津にバスで移動し、深夜便で東京に到着。東京というものの羽田ではなく成田で、再び狭いバスに乗せられ、1時間半かけてようやくホテルに着いた。大阪に移動した翌日は朝に大阪城に行き、午後に楽しみにしていた京都に行く予定。しかし、あまりにもスケジュールが過密で、どのスポットも掠る程度にしかいられない。そして、清水寺にやって来た時には午後6時の閉門ギリギリ。もうすぐ閉まると聞いて、バスを降りずに残る客が続出した。ホテルに戻ってきたのは午後11時近く。ホテルの温泉で疲れを取ろうと思ったら、11時で終了だった。

 さらに、別の日には「観光スポットに行く」と称して商店に連れて行かれる、食事はほとんど決まっていてラーメン、丼、中国料理の繰り返し、しかも量が少ない、ようやくバイキング形式の食事がやってきたと思ったら、「カニは別料金」と言われる、「日本にも騙し屋はいます。買い物は免税店で」と言って辺鄙な場所にある閑散とした「免税店」に連れていき、市価よりも高い値段で商品を買わされる・・・などといったエピソードが紹介されている。

 そして、旅の締めくくりも「午前の飛行機に合わせて空港付近のホテルに前泊。外出の機会を与えられずに帰国させられた」と説明。実質日本の滞在期間は4日間であったとするとともに、「帰着後、2度とツアーで旅行はしないと誓った」と結んだ。

 確かにこんなツアー旅行、参加したくない。ただ、事前に旅程表が出ていれば、飛行機の時間や宿泊場所などは把握できたのではないだろうか、と思う部分もある。カニの別料金もまあ、仕方ないかなと思う。ただ、「免税店」の件は、もし記事の内容通りであるならばひどい話。一体誰が「騙し屋」なのか、と問い詰めたくなる。

 国外旅行やツアーに慣れていない中国人消費者の知識・経験不足、そしてコストのことばかりを考え、旅行客の満足度など頭になさそうなツアー企画者の存在、という2つの要素があってこそ、「二度とツアー旅行したくない」と思わせるような旅行プランが成り立つのだろう。状況を改善するには、消費者が経験を積んで賢くならなければいけない。(編集担当:今関忠馬)

【関連記事】 寿司や牛肉もいいが・・・日本に行ったら鶏肉を食え! どうやって食べても呆れるほどウマいぞ!   日本の家電量販店に行ってみたら、中国人が「爆買い」したくなる理由が分かった 新婚旅行で、バイト中に・・・中国人が語る「日本のことが好きになっちゃった」瞬間