優れた工業力を有しているのに! 日本はなぜ優れた航空用エンジンを造れない?=中国メディア

優れた工業力を有しているのに! 日本はなぜ優れた航空用エンジンを造れない?=中国メディア

日本には世界から品質を認められる自動車を始めとした数々の優れた工業製品がある。しかし中国メディアの重慶時報は5日、日本は優れた工業力を有しているのに、なぜ航空機のエンジンでは競争力の高い製品を造ることができないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本には世界から品質を認められる自動車を始めとした数々の優れた工業製品がある。しかし中国メディアの重慶時報は5日、日本は優れた工業力を有しているのに、なぜ航空機のエンジンでは競争力の高い製品を造ることができないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は一国の航空機エンジンの研究開発能力は「技術資源」と「航空機エンジンの専門技術」の2つの要素から成り立っていると説明。日本は工業に携わる人口が少ないうえ、第2次世界大戦の敗戦によって日本は一時、航空機の開発が禁止されたため、技術的な蓄積が少ないと指摘した。

 続けて航空機エンジンの研究開発の難度について、航空機エンジンの大手メーカーのスタッフも「極めて難しいゆえに成功者が非常に少ない」という見方を示していることを紹介。現代の世界で最も複雑かつ多数の学科が組み合わさった機械システムこそ航空機エンジンであるとの見方もあるとした。

 一方で、IHIと防衛省技術研究本部が「ハイパワースリムエンジン(HSE)」の試作エンジンを2018年度をめどに完成させるという報道もあり、もし実現するならこれは日本が推力15トン級という世界的に見ても最高レベルの航空機エンジンを自国で製造できるようになることを意味する。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 日本企業の撤退、過度な心配は不要! ごく正常な反応だ 日本の高級ブランドはなぜ西洋風の名前を好んで使うのか 日本人の英語は「下手くそ」、日本の教育水準は低くないのに解せない!